恋活アプリが単なる「出会い系」ではない理由

安全対策を強化、負のイメージが変わった

「タップル誕生」(左)「ペアーズ」(中央2つ)「クロスミー」(右)など、恋活サービスが続々と人気化している(画像は各運営会社提供)

群馬県に暮らす田中楓(かえで)さん(23)と佐々木友徳さん(23)は、付き合い始めて約半年になるカップルだ。出会いのきっかけは恋活アプリ「タップル誕生」(以下タップル、マッチングエージェントが運営)。料理好き、犬猫好きといった共通点からマッチング(個別メッセージのやり取りへ進展)し、2人ともアプリを使い始めて1カ月前後で恋人をゲットすることとなった。

友徳さんと出会うまで、楓さんには3年以上恋人がいなかった。「女性中心の職場で出会いがないうえ、誰かが車を出さないと帰れなくなるため合コンは開きにくい。成人式という“最後のチャンス”を逃してしまうと、どんどん恋愛・結婚から遠ざかってしまう」(楓さん)。一方、周囲の同級生を見渡せば、中高時代から長く付き合っているカップルが次々と結婚していく。多少の焦りがあった。

アプリの出会いはむしろ”安心”

そんな悩みを吐露した美容室で紹介されたのが、恋活アプリだった。最初こそアプリでの出会いにためらいがあったものの、写真やプロフィール欄の情報が充実していること、そのうえで相手について「いいかも」「イマイチ」を気軽に表明できることが安心材料になったという。友徳さんと初めて会う際も「それまでにメッセージや電話でかなりコミュニケーションを取っていたので、大きな不安はなかった」(楓さん)。

アプリ「タップル誕生」で出会った佐々木友徳さん(左)と田中楓さん(右)のカップル(記者撮影)

2人とも「アプリ経由」というなれ初めを家族や友人にオープンにしている。加えて恋人募集中の知り合いには、タップルの利用を全力で勧めているという。「同じ県内とはいえ、普通に生活しているだけでは出会えなかった。タップルには感謝しかない」(友徳さん)。

楓さんと友徳さんのようなカップルはいまや珍しくない。タップル以外にも、「Omiai(オミアイ)」(2012年2月開始、ネットマーケティングが運営)、「Pairs(ペアーズ)」(2012年10月開始、エウレカが運営)や、米国発の「Tinder(ティンダー)」(米IACグループが運営)といった、オンラインで男女をマッチングするサービスが着々とユーザー数を伸ばしている。

中でも成長が著しいのは、結婚を前提にした相手を探す“婚活”より気軽に利用できる“恋活”関連のサービス。職場に異性がほとんどいない人、仕事が忙しく合コンや街コンに出掛ける暇のない人の利用が、男女ともに多い。国内最大規模のペアーズは累計会員数700万人(韓国、台湾を含む)を抱える。退会者へのアンケートを基にした推計では、結果的にペアーズでの出会いで結婚・婚約に至ったカップルが年間2万人に登る。

次ページメルカリは福利厚生でペアーズ無料化
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。