女性が「彼氏が欲しい」と思うピークはいつか

「既婚者は恋愛に積極的」は統計上も明らかだ

未婚者と既婚者では30歳当時の恋愛に対する意欲に差がありました(写真: irodori / PIXTA)
「未婚化」「晩婚化」が進み、平均初婚年齢が上昇する中、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。以前、平均初婚年齢である30歳前後のアラサー世代の結婚についての意識を、3回の記事で紹介してきました(「アラサー女子の恋愛が『結婚前提』とは本当か」など)。アラサー世代の結婚の意識に続き、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準である50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った調査の結果を4回に分けてご紹介します(本記事は第4回。前回は「『婚活開始の年齢』が結婚の成否を分けている」)。今回のテーマは「35~54歳の恋愛意識」についてです。
なお、本稿記載のデータは、明治安田生活福祉研究所が行った「35~54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

 

35~54歳の人は平均初婚年齢(注)の頃、恋愛に対する意欲はどのくらいだったのでしょうか。30歳当時の恋愛・男女交際へのスタンスをたずねたところ、「積極・能動的」の割合は、男女とも未婚者より既婚者のほうが高く、また既婚者では女性より男性のほうが高くなりました。(注)平均初婚年齢:夫31.1歳・妻29.4歳(出所:厚生労働省「平成28年 人口動態統計」)

特に男性の場合、既婚者全体の45.8%が、「30歳当時、積極・能動的だった」と回答しているのに対し、未婚者全体では18.4%と27.4ポイントの差があります。

次ページアラ40以上の未婚者で「恋人が欲しい人」の割合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT