女性が「彼氏が欲しい」と思うピークはいつか

「既婚者は恋愛に積極的」は統計上も明らかだ

未婚者と既婚者では30歳当時の恋愛に対する意欲に差がありました(写真: irodori / PIXTA)
「未婚化」「晩婚化」が進み、平均初婚年齢が上昇する中、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。以前、平均初婚年齢である30歳前後のアラサー世代の結婚についての意識を、3回の記事で紹介してきました(「アラサー女子の恋愛が『結婚前提』とは本当か」など)。アラサー世代の結婚の意識に続き、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準である50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った調査の結果を4回に分けてご紹介します(本記事は第4回。前回は「『婚活開始の年齢』が結婚の成否を分けている」)。今回のテーマは「35~54歳の恋愛意識」についてです。
なお、本稿記載のデータは、明治安田生活福祉研究所が行った「35~54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

 

35~54歳の人は平均初婚年齢(注)の頃、恋愛に対する意欲はどのくらいだったのでしょうか。30歳当時の恋愛・男女交際へのスタンスをたずねたところ、「積極・能動的」の割合は、男女とも未婚者より既婚者のほうが高く、また既婚者では女性より男性のほうが高くなりました。(注)平均初婚年齢:夫31.1歳・妻29.4歳(出所:厚生労働省「平成28年 人口動態統計」)

特に男性の場合、既婚者全体の45.8%が、「30歳当時、積極・能動的だった」と回答しているのに対し、未婚者全体では18.4%と27.4ポイントの差があります。

次ページアラ40以上の未婚者で「恋人が欲しい人」の割合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT