女性が「彼氏が欲しい」と思うピークはいつか

「既婚者は恋愛に積極的」は統計上も明らかだ

35~54歳の未婚者では、年齢が上がるにつれて「恋人が欲しくない」の割合が高くなっていましたが、それではどのような理由で恋人が欲しくないのでしょうか。その理由をたずねたところ、男性では「結婚をしたいとは思わない」が42.7%と最も高く、次いで「恋人として深い付き合いをすることが、わずらわしい・面倒」が22.7%と続きます。

一方、女性では「恋人として深い付き合いをすることが、わずらわしい・面倒」(33.0%)と最も高く、「結婚をしたいとは思わない」(32.7%)が同水準でした。

「自分の時間がなくなる」が男女とも6割

恋人が欲しくない理由を「恋人として深い付き合いをすることが、わずらわしい・面倒」と回答した人に対して、さらにその詳しい理由をたずねたところ、男女ともに「自分の時間がなくなる」が最も高くなりました(男性63.6%・女性64.7%)。男性では「おカネがかかる」(52.0%)、女性では「相手の希望や主張を聞かなければならない」(42.5%)が続きます。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大空室時代が来る!<br>不動産投資サバイバル

ブーム一服の不動産投資。空室率悪化、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」破綻など危うい気配も。多額のローンを抱えるサラリーマン投資家はどうなる?最新空室率マップも掲載。