女性が「彼氏が欲しい」と思うピークはいつか

「既婚者は恋愛に積極的」は統計上も明らかだ

35~54歳の未婚者では、年齢が上がるにつれて「恋人が欲しくない」の割合が高くなっていましたが、それではどのような理由で恋人が欲しくないのでしょうか。その理由をたずねたところ、男性では「結婚をしたいとは思わない」が42.7%と最も高く、次いで「恋人として深い付き合いをすることが、わずらわしい・面倒」が22.7%と続きます。

一方、女性では「恋人として深い付き合いをすることが、わずらわしい・面倒」(33.0%)と最も高く、「結婚をしたいとは思わない」(32.7%)が同水準でした。

「自分の時間がなくなる」が男女とも6割

恋人が欲しくない理由を「恋人として深い付き合いをすることが、わずらわしい・面倒」と回答した人に対して、さらにその詳しい理由をたずねたところ、男女ともに「自分の時間がなくなる」が最も高くなりました(男性63.6%・女性64.7%)。男性では「おカネがかかる」(52.0%)、女性では「相手の希望や主張を聞かなければならない」(42.5%)が続きます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT