アラサー女子の恋愛が「結婚前提」とは本当か

30代前半男女が今の恋人と結婚したい率は?

未婚化・晩婚化が進む現在ですが、いわゆる「お年頃」を迎えるアラサー男女の恋愛・結婚観にはいったいどのような傾向が見られるのでしょうか(写真:tkc-taka / PIXTA)
明治安田生活福祉研究所が行なった「男女交際・結婚に関する意識調査」の結果から、25~34歳のアラサー世代の結婚についての意識と実態を3回に分けてご紹介します(本記事は第1回)。
直近の2015年の調査によれば、平均初婚年齢は夫が31.1歳、妻は29.4歳と、ちょうど結婚というライフイベントに直面する年代です。男女交際・結婚への意識をめぐって、いったい、どのような傾向が見られるのでしょうか。
※なお、本稿では「アラサー」を「20代後半」(25~29歳)および「30代前半」(30~34歳)と定義します。

「交際する際に結婚を意識しない」人の割合とは?

25~34歳の男女に対して、交際と結婚の関係をどのように考えているかたずねたところ、結婚を少しでも意識している人(「交際する際には将来結婚することも考える」+「結婚したいと思える人としか交際しない」)の割合は、20代後半で男性75.1%、女性82.6%となり、30代前半も20代後半とほぼ同水準となっています。

一方、「交際する際に結婚のことはまったく意識していない」割合は、男性の約4人に1人(20代後半で24.9%、30代前半で25.0%)、女性は約6人に1人(20代後半で17.4%、30代前半で17.7%)となっています。

ただ、以上は回答者の恋人の有無を問わない調査です。実際に恋人がいる人は、その恋人との結婚をどのように考えているのでしょうか。

次ページ現在の恋人との結婚を考えている人の割合は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。