婚活アプリで詐欺師と「出会った」女性の顚末

デート3回で婚約、結婚まで一直線のハズが

最近では、気軽に利用している人も多い婚活アプリ。便利な一方で、とんでもない相手と「出会って」しまった女性もいます(撮影:bee / PIXTA)

先日、1通のメールが届いた。

「結婚詐欺に遭いました。それでもやっぱり結婚したいんです。面談を希望します。加藤聡美(仮名)37歳」

この連載の一覧はコチラ

やってきたのは、キリリとした黒目がちの瞳が印象的な柴咲コウ似の美人だった。今は働いていないというが、少し前まではある会社で社長秘書をしていたという。紅茶を静かにすする所作には知性と品があり、結婚詐欺に遭ったことがにわかには信じがたかった。

「話を詳しく聞かせてもらってもいいですか? どこで出会った人?」
 「一昨年の10月に婚活アプリで知り合いました」

会員数500万人の大手アプリで出会った相手は…

登録料が安価で気軽に出会える婚活アプリは、ここ数年大人気だ。ITやSNS関連会社、日本を代表する大手企業が次々に参入し、怪しい“出会い系”のイメージを払拭、婚活したい男女の出会いの場として今や認知されている。

婚活アプリで幸せな結婚をしている人たちもいるのだが、気軽さがトラブルを招くこともある。登録にあたりチェック機構が設けられてはいるものの、それをくぐり抜けて既婚者が登録したり、プロフィールを偽ったり、宝石やマンションなどを買わせるデート商法がはびこったり、高額保険の勧誘が横行したりしているのも、また事実だ。聡美が“結婚詐欺に遭った”という婚活アプリも、大手が運営する会員数500万人を誇る有名なアプリだった。

今回は、聡美が遭った結婚詐欺の顚末を記す。

婚活アプリでマッチングした相手、健治(仮名)と実際に会ったのは、一昨年の10月のことだった。自分よりも3つ下の34歳。差し出してきた名刺を見ると、誰もが知る有名企業に勤めていた。健治の両親はすでに他界していたが、亡くなる直前に母親から、「結婚してほしかった。孫の顔が見たかった」と言われたのが心残りだったという。

「だから結婚できる女性を真剣に見つけたいと思って、婚活アプリに登録したんです」。健治は真剣な表情で言った。

次ページ3回目のデートで「結婚前提のおつきあい」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。