婚活アプリで詐欺師と「出会った」女性の顚末

デート3回で婚約、結婚まで一直線のハズが

37歳の聡美もまったく同じ気持ちだった。出産することを視野に入れたら、一刻も早く結婚がしたい。3回目のデートで、「結婚を前提にお付き合いしてください」と言われ、そこからは、結婚に向けての具体的な話がスルスルと進んでいった。

交際がスタートして3カ月が経った年末のこと、健治が聡美の家にあいさつにやってきた。テーブルを挟み、両親を前に神妙な面持ちで言った。

「聡美さんとは、結婚を考えて真剣にお付き合いさせていただいています」

「娘のことをよろしくお願いします」

父も母も深々と頭を下げた。

年が明けてお正月。毎年恒例の親戚一同が集まる場があり、聡美はそこに健治を連れていった。

「ほう、聡美ちゃんの婚約者か」
 「いい人そうで、よかったねぇ」
 「幸せになるんだよ」

親戚の人たちみんながお祝いしてくれたのが、うれしかった。

結婚式に向けての準備も着々と進められていった。3月末にハワイで挙式することになり、海外挙式を仲介してくれる代理店に前金として8万円を払い込んだ。「和装も写真だけは撮ろう」ということになり、写真館で聡美は打掛け、健治は紋付姿の写真を撮った。写真撮影には10万円かかった。結婚指輪も買いに行った。裏側に名前を彫りサイズ直しをしてもらうには10日ほど時間がかかるというので、内金3万円を入れた。

これらのおカネは、すべて聡美がカードで払った。「会社の労金に積み立てがあるから、それを下ろして後でまとめて払うよ。会社から労金まで距離があるから、なかなか行けなくてごめんな」という健治の言葉を受けてのものだった。

なぜか健治の近親者に会えない

結婚に向けて準備が着々と進んでいく中で、気にかかることもあった。聡美は、両親、親戚、仲のいい友達に健治を会わせているのだが、健治の近親者には誰ひとりとして会っていない。お正月に初めて健治の家を訪れたときも、一緒に住んでいるという妹は、「彼氏の家に行っている」といって不在だった。

「この間、妹さんにお会いできなかったから、近いうちに会いたいな。あと、親戚の人にも会わせてもらえないかな。私の親が、『親御さんが亡くなっているなら、親代わりになる親戚の人を交えて両家のあいさつを正式にしたい』って言ってるの」

「わかった。考えておくよ。そうだ、今週末は、親父とおふくろの墓参りに行くか?」

その週末、健治の父母の墓参りに行った。「聡美です。今度、健治さんのお嫁さんになります。健治さんをずっと大切にしていきます。よろしくお願いします」。心の中でこう言って、手を合わせた。ここまではまだ、結婚への道は順調だと思われた。

次ページ健治の態度が急変!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。