婚活アプリで詐欺師と「出会った」女性の顚末

デート3回で婚約、結婚まで一直線のハズが

これまで健治とやりとりしていたLINEのトーク履歴、暴言がひどくなってきた頃に万が一に備えて録音しておいた電話の音声、母と健治が電話で話した時の会話音声が状況証拠の決定打となった。

「今年2月の第2週目に、向こうの弁護士さんが、『原告側の言い分をすべて認めて謝罪する。解決金200万円を現金一括で払うので、もう終わらせたい』と言ってきたんです。私の弁護士さんは、『200万円は解決金としては妥当な金額』だとおっしゃるし、何より私はこれまでしてきた事実を認めて謝ってくれたらよかったので、そこで終わりにしました」

結婚詐欺に遭っても、結婚したい

私は、すべてを包み隠さず話してくれた聡美に言った。

「聡美さん、私はね、『結婚詐欺に遭いました。それでも私は結婚がしたいんです』といういただいたメールの一文が、心に刺さったんですよ。婚活をしていて失恋をしたり、それこそだまされたりすると、自分を悲劇のヒロインにしてしまう。つらさを乗り越えるよりも、相手を恨んだり、不運を呪ったりして、後ろを向いてしまう人が多い。そんな中で前を向いて歩き出そうとしている聡美さんはすばらしいと思ったの」

「ありがとうございます」

起こってしまった過去を変えることはできない。しかし、未来を幸せにするかどうかは、今の自分の行動にかかっている。幸せを手にいれた時、つらかった過去への思いが変わる。過去の景色が違って見える。「あのつらい経験があったからこそ、この幸せがある」。そう思うことができるのだ。

「婚活がうまくいかない」と思っている人たちは、ぜひあきらめないでほしい。前に進み結婚を決めて、過去のつらさや失敗続きだった婚活を思い切り笑い飛ばしてほしい。

ファイト!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。