婚活アプリで詐欺師と「出会った」女性の顚末

デート3回で婚約、結婚まで一直線のハズが

しかし、事態は急変した。2月に入って間もなくのこと、健治からLINEが来た。「聡美、ごめん。3月末まで仕事が立て込んでしまったから、3月末の挙式を5月に延期したいんだけれど」。驚いて、すぐに電話をした。

「メール読んだけど、そんな勝手なことを今になって言わないでよ」
 「仕事なんだから、しかたがないだろ」
 「結婚式は私たちだけの問題じゃないよ。こっちは両親も親戚もそのつもりで、みんなそこを予定してスケジュールを空けてたんだから」
 「急に決まった仕事なんだよ」
 「会社には3月の末に結婚式をするって言ってなかったの?」
 「はあ?」
 「健ちゃんのせいで、みんなに迷惑かかるんだよっ!」

こう言ったとたん、健治はドスのきいた声でまくしたてた。「俺たちの結婚だろうがっ! 親だの親戚だの関係ないだろ!! お前はそういう性格してるから、その年になっても結婚できねぇんだよ。延期といったら延期なんだよ」。

一方的に電話を切られた。健治がこんなふうにキレたのは、初めてのことだった。怖くて体が震えた。

その日を境に、メールもそっけなくなり、電話で話せばけんかになり、健治の暴言もひどくなっていった。

「そんな性格してたら、そのうち友達がいなくなるぞ、ボケ」
 「お前、これまで俺以外の男と、結婚の約束もしないうちから簡単に寝てきたんだろ、このアバズレ女が」
 「俺に向かって偉そうに指図するんじゃねぇ、バカ」

日に日に結婚することに疑問を感じるようになった聡美は、ある夜、母親にこれまでの経緯を話した。さすがに暴言の細部までは言えなかったが、話しているうちに涙がボロボロとこぼれてきた。そんな聡美をなだめるように母が言った。

「これがラストチャンスかもしれない」

「健治さんも今仕事が忙しくてイライラしてるんじゃないの? お正月には親戚の人にもお披露目しちゃったし、着物の写真も撮ったんだから、もう少し我慢して頑張ってみたら。聡美は37歳なんだから、これがラストチャンスかもしれないよ」

“ラストチャンス”という言葉が、胸に突き刺さった。37歳とは、そういう年齢なのだろうか。

ある夜、電話で健治と言い合いをしていると、母親が聡美の部屋に入ってきて「お母さんに電話を代わって」とスマホを取り上げた。

「健治さん、聡美の母です。聡美にも至らないところはたくさんあると思うんですよ。ここのところずっともめているみたいですね。これから結婚をどうするか、ちゃんと話し合いをしませんか?」

その週末、健治が菓子折りを持って、聡美の家にやってきた。父と母を目の前に正座をし、言った。「自分も短気なところがあるんで、聡美さんを悲しませるようなことをしてすいませんでした。ちゃんと結婚をするんで安心してください」。

結局、3月末に開催される予定だった結婚式は、5月の末に延期された。

次ページ突然のラインブロック
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。