熱海が「イケてない街」から脱せた本当の意味

これは日本のどの地方にも応用できる事例だ

前述した華やかな実績が生み出される以前には、まずこうした問題をクリアする必要があったということである。具体的にいえば、シャッター街と化した街の中心を「リノベーションまちづくり」という手法を用いて活性化させたのだが、それは不況にあえぐすべての地方都市にも応用できるということだ。

もちろんそのためには市来氏のように、そうしたハードルを乗り越えることを厭わない姿勢が不可欠だということなのだろうが。

「リノベーションまちづくり」とは?

そしてもうひとつ重要なのが「リノベーションまちづくり」、すなわち「リノベーションで街をつくる」という視点だ。

古い街をただ壊すのではなく、古い街にそのまましがみつくのでもなく、街の良さを新しい価値観で発見して活かしていく。
それがリノベーションまちづくりです。
日本の地方都市にはそれぞれ、独自の歴史があり、自然があり、文化があります。その個性を新しい目で見直すことで、街を再生するカギを発見することは不可能ではないはずです。
街という地方社会を活性化するために、リノベーションにより街の良さを活かしたビジネスを起こすというまちづくりは、日本中のあらゆる地方都市でもできると思うのです。(218~219ページより)

安易な解決策やノウハウではなく、自身の経験を余すところなく書いたという市来氏は、ここからなにかを知り、感じ取ってもらえたらと思っているそうだ。それは、読んでみて私自身が感じたことでもある。

だからこそ、地方再生について悩む人にはぜひ読んでほしいと感じる。

いや、2020年以降に日本が衰退していくであろうと予測されている以上、地方の人のみならず、すべての日本人が読むべきだと言っても過言ではない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。