「シャッター商店街」は本当に困っているのか

国交省の「空き家バンク」で空き家は減らない

シャッター商店街ができる理由はさまざまだ。だが再生のために下手に補助金を投入すると、かえってシャッター化が加速する。どういうことなのか(写真:千葉のカエル/PIXTA)

最近、「空き家・空き店舗が増加して問題になっている」、という話が取り沙汰されます。こうした問題意識を背景に先日、国土交通省が「ある発表」をしたのをご存じでしょうか。

なぜ行政は無駄な「空き家バンク」を作るのか

地方が抱える「構造問題」と解決に導く「28の知恵」とは? 第一人者による、待望の「地方創生のバイブル」がついに発売!!
書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

すなわち、自治体が個別で取り組んでいる、空き家を登録するデータベース「空き家バンク」を、国土交通省が中心となって全国で統合するというものです(代表的な紹介記事はこちら)。

しかし、空いている不動産を借りたい人・買いたい人に案内するネットサービスは、皆さんもご存知のとおり、複数の大手企業がすでに展開しています。

わざわざ行政が予算をかけてデータベースを整備して、ゼロから仕組みづくりを始めるよりも、既存の民間のサービスを使って、そこに載せてもらうほうが、一気に多くの利用者にリーチできると思うところです。

しかし、空き家・空き店舗が増加している理由は、そもそも「空き家バンクがないから」だけではありません。

問題の根幹は、空き家と言われる不動産の所有者たちが「別に貸さなくても当座は大して困っていない」という状況にこそあるのです。

次ページ「空き家バンク」をつくっても、ほぼ無意味
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT