築地移転、延期騒動の陰に隠れた本当の問題

相次ぐ水産業者の廃業、補償にも課題あり

大きく掲げられた「11月7日豊洲市場開場!」が鶴の一声でふいになった(8月26日撮影:尾形文繁)

「一度決めたことだから、もう造ってしまったのだから、既定路線だから、何も考えなくてよいという考え方はとりません」

8月31日。東京都の小池百合子知事は、今年11月7日に予定されていた築地市場(中央区)の豊洲新市場(江東区)への移転延期を決めた理由について、そう述べた。

小池知事は、予定どおり移転する場合の問題点として、(1)豊洲新市場の安全性への懸念、(2)新市場移転にかかる巨額かつ不透明な費用の増加、(3)情報公開の不足、の三つを列挙。「都民ファースト」に基づき、都民の利益を第一に考えた結果であることを、ことさら強調した。

築地も老朽化が問題に

日本一の魚河岸である東京・築地市場の開場は戦前の1935年にまでさかのぼる。もともとは鉄道貨車を利用することを前提とした造りのため、トラック輸送が主流の現代に合わなくなり、建物の老朽化も進んでいた。

そのため、1988年から再整備に向けた準備が始まったが、工期遅れなど問題が発生。本格工事が始まる前の整備費だけで400億円を費やした揚げ句、いったん中止に追い込まれた。その後、築地市場の再整備を断念し、移転先を豊洲地区に決定。土壌汚染対策を施したうえで、2016年11月に移転することは約2年前に決まっていた。

築地市場関係者の間では、一部反対の声はあったものの、「移転は既定路線」として準備に余念がなかった。特に築地を拠点とする水産卸大手は、これまで都の方針どおりに動いてきた経緯がある。それが一転はしごを外された今となっては「今後どれだけの影響が出てくるかわからない」と各社とも不安を抱えている。

次ページ水産卸業者の打撃はどの程度か
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT