「ゾンビ施設」増殖で地方は大変なことになる

学校だけでも年間500校も廃校になっている

日本では年間500もの学校が廃校になるなど、使われなくなった公共施設の問題が深刻化しつつある(写真:YOKO/PIXTA)

空き家になるのは住宅ばかりではない。公共不動産の空き家化や、低利用・未利用化が目立つようになってきている。人口減少や少子高齢化はもちろん、市町村合併で不要になる庁舎が増えているほか、年間500校が廃校になっている影響で「空き校舎」も激増している。

注目を集める活用例も出てきてはいるものの、放置される物件は数多くある。公共施設が増加したのは1970年代で、多くが耐用年数を迎えている。自治体によっては管理がほとんど行われていないこともある。こうした「ゾンビ施設」や公共施設をめぐる見えざる無駄が、厳しい地方財政をさらに圧迫するかもしれないのである。

予約の取れない「廃校」

空き公共不動産を活用し、人気を集める例もある。静岡県沼津市にある泊まれる公園「INN THE PARK」もその1つ。2017年10月のオープンから週末はほぼ予約が取れない状態が続いており、ホリエモンが紹介記事に「これ最高!」とツイートし、話題にもなった(1~2月は冬季休業)。

「沼津市立少年自然の家」を利用した泊まれる公園INN THE PARK。森の中のテントエリアには球形のテントがあり、見た目が際立っている(筆者撮影)

この施設の前身は「沼津市立少年自然の家」。林間学校と言えば分かりやすいだろう。周辺の公園と一緒に開発され、かれこれ40年以上親しまれてきたが、近隣市町にも新施設ができたことから、徐々に利用が減り、使われなくなった。市は有効活用を考えようと遊休公共不動産のポータルサイト「公共R不動産」を運営するオープン・エーに相談。事前調査を経て、再生案を公募することにした。2年前のことである。

その広告作成のために現地を訪れたオープン・エースタッフは広大な敷地と多彩な景観、蛍も見られる沢のある自然、丁寧に作られた建物、東京からの車の利便性などにポテンシャルを見た。そこで、自分たちも公募に参加することに。事前調査時点では5社が関心を示し、公募時点では3社が手を挙げたが、最終的に締め切りに間に合ったのは同社のみ。そこで、同社が再生を担当することになったのである。

林間学校当時に使われていた椅子や物干し台などを再利用、センスよくリノベーションされたロビー。雨の日の夕食はここで食べられる(筆者撮影)

まずは、既存棟と森の中に作ったテントエリアを宿泊施設として営業を開始。ゆくゆく芝生の広場にカフェ、沢の近くにバーをつくる計画もあり、サロンを利用してパーティや撮影などに使えないかという問い合わせもあるという。宿泊施設と道を挟んだところにある建物には陶芸、木工、染色ができる設備が揃っており、その活用も検討中とか。廃校が新たな使い方で生まれ変わりつつあり、可能性を感じさせる。

次ページ日本の不動産の4分の1は公共不動産
関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。