ゾゾだけじゃない!衣料業界の自動採寸技術

アパレル各社がオーダー生産に乗り出す理由

光和衣料が活用する3Dボディスキャナー。真ん中に立つと0.5秒で体のあらゆる部分を測定する(記者撮影)

自動採寸によるオーダーメードの学生服の生産を始めた企業が存在する。埼玉県に本社を置き、学校制服の製造などを手掛ける光和衣料は今年、3Dボディスキャナーを活用した生産システムの運用を始めた。

ボディスキャナーの技術は、大学発ベンチャーのスペースビジョンが開発。カメラを内蔵した3本の柱の中央に利用者が立つと0.5秒で約100万カ所を自動で測定する。採寸データは自社サーバーを経由して生産ラインに送られ、採寸から18分後には生地が裁断される。そしてわずか3時間後、オーダーメードの制服が完成し、出荷できる状態となる。

以前は1人当たり5分かかっていた採寸時間を大幅に短縮し、制服採寸のために生徒が並ぶ待ち時間や、手作業で採寸を行うパート従業員らの人件費も削減。そして生徒1人ひとりに最適なサイズの制服を製造できるようになった。要望に応じて、ゆとりあるサイズに調整することもできるという。

大手アパレル社員が続々訪問

同社の伴英一郎社長は「既存のサイズに合わせると、生徒の体形によって袖の長さや腰回りの大きさが足りないなど、どうしても不具合が出ていた。このシステムだと在庫も発生せず、トータルコストを下げられる」と話す。

光和衣料が今年から始めた新しい生産システムでは、スキャナーによる自動採寸から3時間で制服の上着が完成する。作業効率化を進め、従業員の定時退社も推進している(記者撮影)

今年に入って光和衣料には、三越伊勢丹ホールディングスや大手アパレルメーカーの社員が続々と訪問。彼らの多くは、女性向けスーツなどのオーダー販売に向けた糸口を見つけようと模索している。

アパレル業界ではここ数年、スタートトゥデイのPBはもとより、オンワードホールディングスやコナカがオーダースーツ専門の新業態を始めるなど、オーダー商品の展開への機運が高まっている。

次ページオーダー生産のメリットとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT