1億再生も生み出せる新世代YouTuberの正体

グリーやカドカワが熱視線を注ぐ「VTuber」

とはいえ、さまざまな試行錯誤が続く中、ユーチューバー同様に「炎上」などのリスクも存在する。世界初のVTuberともいわれるキズナアイの誕生から1年と半年あまり。多くのVTuberもスタートから1年程度と、この新しいタレント(才能)が、どのように支持され、どこまで広がりを見せるかを予想することは現段階では難しい。

現在、BS日テレで毎週放送されているキズナアイの冠番組「キズナアイのBEATスクランブル」は、VTuberが初めてテレビ番組に出演するとなって注目を集めた。しかし、今年4月の放送開始からまもなく番組内容があまりにもひどすぎるとして、スポンサーがツイッターで批判を展開、提供を降りるという事件が起こった。この件は低予算を理由に再放送が繰り返されたり、安直とも見える番組内容であったりしたことが原因とみられている。

再生数に応じた広告収益がその運営を支える以上、過去にユーチューバーが起こした騒動と同様、「目立つために露悪的な行動をする」VTuberが出てくることは想像に難くない。運営事業者による監視やペナルティ付与の体制が十分に整い、悪質な投稿者が淘汰されるまでは、VTuberも残念ながら子どもに手放しで見せられるメディアではないのもまた事実だ。

「仮想空間」でのライブや交流が実現する可能性も

一方で、VTuberには、そのコンテンツが広がる空間をYouTubeという2次元だけにとどまらない力を秘めている。たとえば、最近注目を集めている「Oculus Go」などのVRゴーグルを活用することで、VTuberや視聴者が仮想空間に集まって、見るだけにとどまらないリッチなコミュニケーションが取れる可能性が現実のものになりつつある。

オキュラスは、すでに多人数参加型のVRライブ配信サービス「Oculus Venues」をリリースしている。このサービスは、アバター(分身となるキャラクター)に扮したほかのユーザーと同じバーチャル空間で試合中継や音楽ライブなどの視聴を楽しむことができるというものだ。離れた場所にいても同じ場所で、フェイスブックの友だち同士で人気VTuberのライブ番組を参加しながら楽しむ、というスタイルがまもなく当たり前のものになるかもしれない。

2000年代前半に話題を集めた「セカンドライフ」で語られていたような3Dバーチャル空間での生活が、約15年の時を経て現実のものになろうとしている。いま、VTuberの活躍の範囲とビジネスの可能性は2次元空間であるYouTubeに縛られるものではないはずだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT