50歳を過ぎたら人の長話を聞いてはいけない

価値のない話を黙って聞くのは時間のムダ

別の話。教えてほしいことがあるからと、あるビジネスマンがやってきて、いろいろと話をする。職場の不満を話し始め、それから自分は顧客から高く評価されているとか、家族が旅行好きで、自分も世界各地を一緒に観光に出掛けているとか、そのような話をし続ける。

一段落ついたところで、今日訪ねてくれた要件はなにかと尋ねると、急に深刻そうな顔になって、「自分の生き方を教えてほしい。これからどうしていくべきか」と言う。

こちらはカウンセラーでも予言者でもない。せめて「自分はこういう考えで、こういう生き方をしたいと思う。ついては助言なり示唆がないか、教えてくれないか」と言うなら意見のしようもあるが、突然に生き方を教えろと言われても、一般論でしか答えようがない。

しかも、彼の雑談めいた話を聞き始めてすでに1時間も経っているのだから、彼の周辺事情を丁寧に問い直すのも面倒。適当に答えて、適当に帰ってもらった。

「聞く力」より「話す力」を教えるほうが大事

また別の話。若い経営者とて同じことで、突然やってきて、会社を成長させるコツを教えてくれと言う。なにで困っているのか、どうしてそのような質問をもってきたのか。説明を求めても、これまた要領を得ずハッキリしない。

なにが「聞く力」だ。もちろん「聞くこと」は大事だが、最近感じるのは、「聞く力」より「話す力」を教えるほうが大事ではないかということだ。まともに「話す力」もない人の話には、聞くべきところなどなにもない。

相撲ではないが、受けて立ってやろうと思っても、ぶち当たってくることさえせず、自分から勝手にひょいひょいと土俵を割ってしまう。思い切りぶつかってこない相手では、受けて立つこともできない。

今頃の若者は、それなりの地位にあっても、まともな話し方、焦点が定まった話し方ができない者が少なくないようだ。すべての若者がそうだとは言えないが、大方の若者はきちんと話をすることができない。それなのに、われわれ年長者は、ほんとうに、まず彼らの「話を聞く」べきなのか。

しかし、考えてみれば、今の若者には気の毒な面もある。その気になれば、一日中、ほとんど人間と会話する必要のない日々を過ごしている。朝起きて、PCを開いてメールをチェックし、キーボードをたたいて返事をする。朝食も通勤途中で、自動発券機でチケットを手に入れ、黙ってテーブルに置けば食べられる。コンビニでも一言も発する必要はない。

会社に行っても、まずはPCを起動。メールの指示どおりに黙々と働く。返事もPC上でこと足りる。喉が渇いたなら、自動販売機でペットボトルのお茶を買う。帰宅途中も牛丼屋に立ち寄って、また、自動発券機で「牛丼」の券を買い、黙って、カウンターに置くだけでいい。帰宅したら、スマホやゲームに興じる。そして就寝。一日中、沈黙。沈黙。沈黙。ほとんど話すことなく過ごせてしまう。これでは「話す力」が衰えるのは当たり前だろう。

次ページ「話す力」は衰えていく一方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT