会話がヘタな人がこだわるプライドの弊害

どんな相手にも確実にウケる2つの鉄板ネタ

(写真:徳間書店)
「どれだけAI(人工知能)が発達したとしても、人間に勝てない分野がある。それが『雑談力』です」と脳科学者の茂木健一郎さんは語ります。6月12日に『最高の雑談力: 結果を出している人の脳の使い方』を出版した茂木さんが、雑談が苦手な人でも「すぐに雑談がうまくなる」について解説します。

AIはチェスや囲碁のチャンピオンに勝っていますが、これだけは「人間に勝てないだろう」と言われるジャンルがあります。それが、「雑談」です。

どんな手を打つと、局面がどう変わって、そのときにはこう打てばいいと考えるスピードでは、人間はAIに勝つことはできません。それは、世界チャンピオンでも同じです。しかし、雑談は違います。自分が話したあと、相手がどんなことを言うのかという組み合わせは無限に近くなります。少なくとも将棋や囲碁、チェスの組み合わせよりもはるかに多くなります。人間はまだAIが上手にできないことを、何も考えずにさりげなくできており、実はそれは脳科学的にとても高度なことなのです。

雑談ではスベってもいい

ここであなたに聞いてみましょう。あなたは雑談が得意ですか? おそらく「得意です」と答えられる人は、多くはないでしょう。雑談が苦手なのは、特にSNSでのやりとりが日常的になっている若い人に顕著です。あなたの職場にも、対面でのコミュニケーションを苦手にしている若手社員がいるかもしれません。

雑談を苦手にしている人によく見られる傾向はいくつかありますが、その1つが「おもしろい話をしなければならない」という誤解です。「つかみが大事」とか「オチがないといけない」とか、そんなことはどうでもいいのです。一般のビジネスパーソンは、お笑い芸人とは違います。「M-1グランプリ」や「R-1グランプリ」に出るのではないのですから、スベっても構いません。ただ相手とコミュニケーションができればいいのであり、そのための雑談です。「おもしろい話をしなければ」という呪縛にとらわれている限り、雑談が得意になることはないので、そんな考えはサッサと捨ててしまいましょう。

次ページ雑談力の高い人がしていること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT