会話がヘタな人がこだわるプライドの弊害

どんな相手にも確実にウケる2つの鉄板ネタ

なんだか格言みたいになってしまいましたが、こんふうに失敗談を述べると、一気に場が和みます。

「カミングアウト」が雑談力を高める

「自分の欠点」も相手の共感を生む話題です。

「かたづけるのが苦手なんです」「私は料理がまったくダメです」といったカミングアウトをすると、お互いの間にあった壁がなくなって打ち解けていきます。

『最高の雑談力: 結果を出している人の脳の使い方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ついでに私の欠点を言うと、ついつい時間ギリギリに行動してしまうこと。さすがに講演会場に遅刻して行くことはないのですが、よく5分前とかに到着して、関係者を必要以上にヒヤヒヤさせることがあります。

その日の講演のテーマがしっかりアタマの中に入っていますし、ギリギリに会場入りしたとしてもなんの問題もないはずですが、世間では30分とか1時間前とか、かなり早めに入る人のほうが多いようです。そのためか、私がギリギリまで会場に到着しないと「事故に巻き込まれてしまったのではないかと心配しましたよ」と、青い顔をして待っている人にたくさん出くわします。

別に私が時間にルーズとか、どこかで道草しているということではなくて、前の予定が伸びたり、移動中に仕事をしたりして、つい時間ギリギリに会場入りすることが多くなってしまうだけです。それでも心配している人がたくさんいるので、なるべく早く会場入りしたいと思っているのですが、こればかりはなかなかうまくかないようです。

相手に共感してもらうのに、特別なことを話す必要はありません。自分の中にあることを包み隠さずカミングアウトするだけ。それだけで雑談力が磨かれます。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT