「しまじろう」がアマゾンにも進出する事情

新番組の狙いはどこにあるのか?

Amazonプライム・ビデオで6月15日から配信が始まった「あつまれ!アマゾンキッズ しまじろうとあそぼう!」の収録現場。お兄さん役は俳優の永田崇人さん(筆者撮影)
Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

すき間時間に視聴できる「エデュテインメント番組」

今回はAmazonプライム・ビデオで6月15日から配信が始まったばかりの新番組「あつまれ!アマゾンキッズ しまじろうとあそぼう!」を紹介します。トラの子どもをモチーフにした「しまじろう」は言わずと知れた幼児向けの通信教育教材『こどもちゃれんじ』のキャラクターです。その「しまじろう」が登場するアニメと実写を組み合わせた番組にはかれこれ25年続いている「しまじろうのわお!」(テレビ東京系)がありますが、新たにAmazon版をスタートさせたのには、理由がありました。

この連載の一覧はこちら

Amazonの「しまじろうとあそぼう!」も地上波テレビ版と同じくアニメと実写で構成され、教育とエンターテインメントを組み合わせたエデュテインメント番組です。ターゲットも2~6歳と、これまでと変わりはありません。では何が新しいのでしょうか。今どきの子どもの生活スタイルに合わせたことが違いのひとつにありそうです。

企画したベネッセコーポレーションこどもちゃれんじグローバル本部グローバルキャラクター開発部コンテンツ開発課課長の内山昭子氏に詳しく話を聞きました。

「子どもにとって、スマホやタブレットに触れることはもはや特別なことではなく、生活の一部になっています。インターネット配信で映像に触れることも普及し、リビングだけでなく、外出先でも『しまじろう』と接する機会をつくることができます。子どもたちの生活スタイルに合わせて、より身近に楽しんでもらいたいと思い、Amazonプライム・ビデオで番組を立ち上げることにしました」(内山氏)

次ページAmazon版のこだわり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT