リハなし!「さまぁ~ずハウス」人気の舞台裏

「せりふが頭に入らないのが悩み」と三村さん

「リハーサルなし」「撮り直しなし」「制限時間あり」で撮影される1話完結のドラマ。エピソード13「パーティー」のゲストは伊藤ゆみさん(写真:Amazon)
Netflix、Amazonプライム、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

監督不在、さまぁ~ずと女優が挑む実験的なドラマ

今回はAmazonプライムで配信中の『さまぁ~ずハウス』を紹介します。番組のサムネイルだけを見ると、さまぁ~ずの新しいバラエティ番組だと思われる方も多いでしょう。でも、この番組のカテゴリーはバラエティとは言い切れません。というのも、実験的なドラマが番組の核となっているからです。さらに言えば、実験的なのはドラマだけではありません。この番組のすべてが実験的だと言ってもいいでしょう。そこに「面白さ」と「面白がり方の難しさ」の両面を感じつつ、番組の狙いはいったい何なのか、さまぁ~ずさんご本人に直撃取材しました。

この連載の一覧はこちら

その前に、まだご覧になっていない方のために『さまぁ~ずハウス』とはどのような番組なのか、概要をご説明します。番組の舞台は都内某所にある家。さまぁ~ずがそこを借りることになったという設定で、毎話、1人の女優が訪れます。その家で繰り広げられるのは「リハーサルなし」「撮り直しなし」「制限時間あり」で撮影される1話完結のドラマ。コント師と演技派女優が真剣勝負ながら、当人たちも何が起こるのかわからず、戸惑いを隠せないそんな様子も「そのまんま」伝えているのがこの番組の見どころです。

次ページさまぁ~ずのお2人に話を聞く
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT