リハなし!「さまぁ~ずハウス」人気の舞台裏

「せりふが頭に入らないのが悩み」と三村さん

とはいえ、実験的な番組は面白がり方に難しさを伴います。さまぁ~ずの三村マサカズさんと大竹一樹さんに「通常のドラマでもなく、コント番組でもない。どう見たらいいんですか?」と素朴な疑問をまずは投げました。

普段見ることができない現場を「のぞき見」できる

「確かに見方が難しいですよね。ドラマをやりたければ、もっとちゃんと練習して、リハして見せればいいですから。そのほうが掛け合いもうまくいくし、タイミングも合うし、カメラワークも、音楽も計算のうえでできる。でも、この番組はそれをやってない。コントだとしたら、お笑いに寄せたボケツッコミが必要ですが、この番組はやっぱりそれもやってない。いったい何なんでしょうね(笑)」(大竹さん)

「密かに思っていたことなんですけど、この番組は一番はじめのリハが『のぞき見』できるというものじゃないかと。完成形になるドラマの原本みたいなもの」(三村さん)

「それ、正解です。初めて聞きましたが、とうとういい答えを(三村が)言えました(笑)。ドラマの場合は通常、監督が演出して、『この場面はテンションを上げていこうとか、ここのタイミングはずらそう』とか立ち位置に至るまで指示があるんですが、このドラマは何もない。声の大きささえ調整なくスタートしますから、われわれとのバランスもわからないまま本番に入ります」(大竹さん)

「毎回女優さんに『ごめんね、こんなのに付き合わせちゃって(笑)』と言っていますよ」(三村さん)

「『楽しかった』と言って帰ってくれてはいますが。われわれも初めてのことだし、女優さんにとってもあまりできない経験だと思います」(大竹さん)

さまぁ~ずの三村マサカズさん(右)と大竹一樹さん(筆者撮影)

NGシーンなどのメイキング映像や撮影後の反省会の様子を見せるものは珍しくありませんが、「裏側が本番」になる前代未聞のこの番組は、つまり普段見ることができない現場を「のぞき見」できてしまうというわけ。「台本どおりのせりふ」や「10分の制限時間」といった縛りがあるなかで、回によってはせりふが出てこないことや10分をオーバーしてしまうこともあります。そんなハプニングがあるからこそ、むしろ「のぞき見」できていることにお得感すら増してきます。なお、番組では10分の一発撮りドラマの後は緊張がほぐれた瞬間のさまぁ~ずと女優のトークシーンものぞき見できます。

次ページこれまで出演したゲスト女優は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT