ベネッセは「デジタル路線」から転換できるか

半年で3人の社長が登板、迷走を止められるか

個人情報漏洩事件以後、ベネッセの迷走が続いている。ファンド出身の社長は会社を立て直すことができるのか(撮影:尾形文繁)

「社員をモチベート(やる気を起こ)させてほしい。自分が先頭に立ってエネルギーを見せることが重要だ」──。

10月1日、通信教育大手ベネッセホールディングスの社長に就任した安達保氏は就任早々、幹部や事業部門の責任者にそう強調して回った。実際に教材を編集している現場も訪れ、社員たちに励ましの声をかけていった。同社ではトップが丁寧に現場を回るのは異例のことだ。

ベネッセの混乱が長引いている。2014年7月、子会社ベネッセコーポレーションで大規模な個人情報漏洩事件が発覚し、会員数が急激に減少。進研ゼミをはじめとする国内教育事業は、営業利益の9割超を稼ぐ主力事業だったため、16年度の営業利益は事件前の8割減の水準まで落ち込む見通しだ。

2014年4月に社長に就任した原田泳幸氏は、業績を立て直せないまま今年6月に退任、後を継いだ福原賢一氏も約3カ月で退いた。そして10月からはベネッセの社外取締役を11年間務め、米投資ファンド・カーライルの日本代表を長く務めた安達保氏がトップに就任した。

実は、事件前から小学校~高校生向け「進研ゼミ」や幼児向け「こどもちゃれんじ」といった主力教材の会員数は伸び悩んでいた。

次ページデジタル路線から転換へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT