ベネッセは「デジタル路線」から転換できるか

半年で3人の社長が登板、迷走を止められるか

個人情報漏洩事件以後、ベネッセの迷走が続いている。ファンド出身の社長は会社を立て直すことができるのか(撮影:尾形文繁)

「社員をモチベート(やる気を起こ)させてほしい。自分が先頭に立ってエネルギーを見せることが重要だ」──。

10月1日、通信教育大手ベネッセホールディングスの社長に就任した安達保氏は就任早々、幹部や事業部門の責任者にそう強調して回った。実際に教材を編集している現場も訪れ、社員たちに励ましの声をかけていった。同社ではトップが丁寧に現場を回るのは異例のことだ。

ベネッセの混乱が長引いている。2014年7月、子会社ベネッセコーポレーションで大規模な個人情報漏洩事件が発覚し、会員数が急激に減少。進研ゼミをはじめとする国内教育事業は、営業利益の9割超を稼ぐ主力事業だったため、16年度の営業利益は事件前の8割減の水準まで落ち込む見通しだ。

2014年4月に社長に就任した原田泳幸氏は、業績を立て直せないまま今年6月に退任、後を継いだ福原賢一氏も約3カ月で退いた。そして10月からはベネッセの社外取締役を11年間務め、米投資ファンド・カーライルの日本代表を長く務めた安達保氏がトップに就任した。

実は、事件前から小学校~高校生向け「進研ゼミ」や幼児向け「こどもちゃれんじ」といった主力教材の会員数は伸び悩んでいた。

次ページデジタル路線から転換へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。