ベネッセは「デジタル路線」から転換できるか

半年で3人の社長が登板、迷走を止められるか

10月からベネッセHDの社長に就任したのは、米投資ファンド・カーライルの日本代表として著名な安達保氏だ。安達氏は今後、ベネッセをどう経営していくのか。東洋経済の取材に答えた。

最大のミッションは経営人材の育成

安達 保(あだち たもつ)/東京大学工学部卒。米マサチューセッツ工科大学にてMBA取得。 三菱商事、マッキンゼー・アンド・カンパニー、GEキャピタル・ジャパンを経て、20 3年からカーライル・グループに参画。2016年10月から現職(撮影:梅谷秀司)

毎週月曜日には、社員全員にメールを出す。内容は現場の社員と話して感じたことや、外部で聞いたベネッセのよい評判など。返信もウェルカム。社員に身近に感じてもらいたいからだ。

社員からは「社長と話ができてうれしい」という声があった。「(創業者・福武哲彦氏が企業理念について記した著書)『福武の心』について社長はどう思うか」というまじめな質問や、「こんなアプリを作ったので見に来てほしい」という提案もあった。「社長は雲の上の存在で、会ったこともしゃべったこともない」という人が多い印象だ。

社長としての最大のミッションは、人材を育成すること。各事業のトップには現場業務に精通した人がなっている。ただ、経営者の立場で、全社的な戦略を考える訓練を受けておらず、経営を担う人材が圧倒的に不足している。

私がやろうとしているのは、経営を担うトップ100人を育成すること。すでに人事担当者とともに考え始めている。次の社長は当然、内部の人がなったらいい。サポートする経営幹部も皆社内で育ってきた人、という姿が望ましい。

私が投資ファンドのカーライルで手掛けた案件は、売上高1000億円以下の中堅企業が多かった。ベネッセは売上高4000億円超、従業員2万人の大きな会社だが、分解してみると進研ゼミ、学校、介護など、1つの事業単位は1000億円前後の事業が多く、各事業に大きな権限を委譲している。

カーライルでは12社に投資をしていた時期もあり、複数の事業を経営するという点では、これまでとの大きな違いは感じていない。今後は従来の教育、介護に加えて、もう1つ大きな柱になるような大規模な買収もやりたい。

当記事は「週刊東洋経済」12月3日号<11月28日発売>からの転載記事です

カーライルはファンドの特性から、相当の短期間で業績を立て直す必要があり、いったん非上場化して変革を行ったうえで、再上場するという手法を取ったこともある。

ただベネッセの場合は、そうしたこと(戦略的非公開化)はまったく考えていない。社会的な意義のある会社は、やはり世の中に知られている必要がある。この考えは当然、創業家も理解していると思っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。