dTVはなぜ映画「パンク侍」に乗り出したのか

エイベックスの音楽ビジネス戦略がヒント

『パンク侍、斬られて候』主演の綾野剛とマドンナ役の北川景子(写真:dTV)
Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

「配信オリジナル」から動き出した

今回紹介するのは『パンク侍、斬られて候』です。現在公開中の映画で、配信番組ではありませんが、エイベックス通信放送が運営する配信サービス「dTV」のオリジナル番組として当初、企画していたものを映画化したそうです。いったいどういうワケなのでしょうか。Netflixが映画製作にも乗り出していますから、そんな流れを追ったものなのでしょうか。実はそこには動画配信サービス戦国時代を生き抜くための戦略が見え隠れしていました。

この連載の一覧はこちら

まずは簡単に『パンク侍、斬られて候』についてご紹介しましょう。原作は町田康の小説。主演は旬な俳優、綾野剛。それからマドンナ役には北川景子。脇を固める俳優も主役級が並び、東出昌大、染谷将太、村上淳、若葉竜也、近藤公園、渋川清彦と続きます。さらに浅野忠信に永瀬正敏、國村隼、豊川悦司も出演しています。このキャスト陣がほぼほぼ決定した段階でもあくまでも「dTV」の配信オリジナルとして企画が進んでいたそうです。製作陣に至っても企画段階から石井岳龍監督、宮藤官九郎脚本で話が進んでいたと言います。

配信事業者「dTV」が手掛ける初の実写映画ということで、てっきり「キャスト、制作陣をこれでもかと揃えました!」というスタンスかと思いきや、『パンク侍、斬られて候』を企画・プロデュースした、エイベックス通信放送コンテンツプロデュースグループオリジナルコンテンツユニットシニアプロデューサーの伊藤和宏氏から意外な答えが返ってきました。

次ページその答えとは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。