テレ東「池の水ぜんぶ抜く」が大ウケする理由

予算で劣る分、人気タレントには頼らない

独自路線が目立ちます(撮影:梅谷 秀司)

手強い裏番組を向こうに回して

テレビ東京(テレ東)で6月25日に放送された「池の水ぜんぶ抜く&駆除の達人 緊急SOS! ヤバイ現場に行ってみた!」が話題になっている。NHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」、日本テレビの大人気バラエティ「世界の果てまでイッテQ!」といった手強い裏番組を向こうに回して、9.7%という高い視聴率を記録した(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。不定期特番として3度目の放送となるこの番組は、オンエアされるたびに業界内外で注目を集めてきた。

最新回では、この番組の大ファンだという伊集院光さんが「どうしても出演したい」と名乗りを上げ、ロケに繰り出した。千葉県習志野市の市長から直々の要請を受け、森林公園の池の水を一気に抜くことになった。

池の水を抜くのは、汚染原因となっている生物の正体を突き止めて、それを捕獲するためだ。今回のロケでも、池の水を抜いた後、泥の中にさまざまな種類の魚が見つかった。伊集院さんが専門家や地元の人々と共に生物を捕獲して、汚染の原因を探っていた。そして、調査を終えてから、2週間放置した後に新しく水を加えると、池は見違えるほどきれいになっていた。

「池の水を抜く」というのは、実にシンプルでわかりやすい企画だが、圧倒的なオリジナリティがある。テレ東には昔からこの手の斬新な企画が多い。最近でも「池の水ぜんぶ抜く」と同じ「日曜ビッグバラエティ」の枠で「とりあえず、1回全部出してみる!」という番組が放送されていた。

次ページなぜ画期的な企画が次々と実現できる?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT