「しまじろう」がアマゾンにも進出する事情

新番組の狙いはどこにあるのか?

またお兄さん役の「キャップ」を務める永田崇人さんは母親から人気を集めそうです。ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズなど、2.5次元ミュージカル(漫画やアニメ、ゲームを原作とした舞台)で活躍してきた旬な俳優を起用しています。収録時、永田さん本人に話を伺うと「自分の役割は子どもたちのヒーローになること。一緒にご覧になっているお母さんにも熱中してもらうよう頑張りたいです」と話していました。

少子化でも、しまじろう関連ビジネスは絶好調

アマゾン初の試みもあります。プライム会員(Amazonファミリーに子どもの情報を登録していることが条件)を対象に、「しまじろう」や「キャップ」らと番組内で一緒にダンスを踊る「アマゾンキッズ」の募集を行っています(第3次締め切り6月17日まで)。アマゾンもベネッセも同じ会員ビジネスモデルです。ファミリー層への認知が高まることで互いに相乗効果がありそうです。

「あつまれ!アマゾンキッズ しまじろうとあそぼう!」収録風景(写真:ベネッセコーポレーション)

「(アマゾンもベネッセも)会員を大切にしていますから、共通する視点があり、円滑に実現しました。『こどもちゃれんじ』を利用するお母さん方が日用品を購入するために訪れたアマゾンでわれわれが学びも提供できれば、より生活が豊かになるはずです」(内山氏)

ベネッセコーポレーション こどもちゃれんじグローバル本部 グローバルキャラクター開発部 コンテンツ開発課課長の内山昭子氏と、しまじろう(筆者撮影)

少子化が進んでいますが、しまじろう関連ビジネスは逆風が吹いているどころか、好調だと言います。2017年のコンサート観客動員数は52万人を超え、過去最高を記録。3月に公開された劇場版しまじろう『まほうのしまのだいぼうけん』は動員数20万人超えで、これも過去最高となりました。

「レジャーニーズの高まりが後押ししている」と内山氏は分析しています。スマホ片手にお出掛けする親子が、すき間時間にアマゾンの「しまじろうとあそぼう!」を視聴する光景を目にする日も近そうです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT