「大型顧客」に左右される浮かれ企業の末路

たまに大金をくれるような人は危ない

事業やサービスにとって、参入障壁が上がっていくのは、非常にオイシイことです。クレームがあっても需要さえあれば、何もしなくてもマーケットが成立するわけで、もし参入障壁が低いと、ライバルが現れて切磋琢磨しなくてはいけなくなります。それに比べると、悪評を恐れないほうがよっぽどラクだと僕は思うわけです。

しかも、世の中の人たちは、参入障壁を作ることに必死です。正攻法でそれをやろうとすると、政治家に法案を作ってもらって免許制にしたり、たくさんの研究開発費をかけて差別化するなど、すごい遠回りをしなくてはいけません。それよりは、勝手にライバルが減っていく状況でひっそりとサービスを提供し続けている道のほうが、全然いいと思うんです。

みんな一律に休ませてしまうのはいかがなものか

前回(結局のところ生き残るのは「仲のいい会社」だ)も含めて、ここまで会社が生き残るための方法を、僕なりに述べてきました。とはいえ、会社というのは、うまくいくときはうまくいくし、ダメになったら「はい、解散」というノリでちょうどいいと思っています。日本全体がそういう意識で働いていれば、伸びる産業はどんどん伸びて、衰退する産業はすぐに撤退するというサイクルになるはずです。

『働き方完全無双』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

「パッと辞められて、パッと移れる」というマインドでいれば、個人にとっても精神的にラクだと思います。

超優秀な人が、普通の人の10倍、100倍頑張ってくれるから大丈夫だろう、と考えることもおすすめです。それをみんな一律に、「もっと休みましょう」と言ってしまうのは、単に能力のある人をしぼませてしまうだけです。その結果、国全体が生産できる価値が縮小してしまい、回りまわって全員が損をしてしまうのです。

パイが限られていて、それをいす取りゲームのように奪い合う競争を、「ゼロサムゲーム」といいます。農業や漁業であれば、ある程度のゼロサムは仕方ないでしょうが、日本でいす取りをするのではなく、その中にいる「いすを作ろうとしている人」を応援するようにしなくてはいけません。

孫正義さんや三木谷浩史さんが座っている1つのいすを奪うより、10個でも100個でもいすを増やしてくれるのであれば、それを応援して、ちゃっかり自分も座るようにしたほうが絶対にトクなわけです。自分がゼロサムゲームをしていないか、足を引っ張ることをしていないか、わが身を振り返るようにしましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT