「大型顧客」に左右される浮かれ企業の末路

たまに大金をくれるような人は危ない

企業ができることは、「波がいつ下がるのかを仮説的に見極めておく」ということと、その波が割と短期的に収まりそうであれば、「なるべくアウトソーシングすること」の2点です。うまく頼めば外でやってくれそうな仕事は、なるべく外注で投げるようにしましょう。

また、成長している企業というのは、危険と隣り合わせにいます。報酬をたくさんくれる「大きいクライアントの存在」には気をつけなくてはいけません。

「毎日必ず100円くれるクライアント」の重要性

たとえば、毎日必ず100円をくれる人と、たまに1万円をくれる人がいた場合、1万円をくれる人のほうを大事に扱ってしまいがちです。1万円を連続でくれたりなどしたら、100円をくれる人のことなんて疎かになって、しまいには付き合いが面倒になって関係を切ってしまうこともあるでしょう。

けれど、事業をやる場合、「毎日必ず100円をくれる人」のほうを大事に扱わなくてはいけません。

僕の知り合いの経営者は、大金をくれるクライアントとは、あえて仕事をしないと決めています。なぜなら、そちらに時間を取られ、いざそのクライアントとの付き合いが終わってしまえば、一気に会社が傾いてしまうからです。つまり、依存することがわかっているし、長期的にどんどん下請けのようになってしまうことが見えているから、「じゃあ、初めから付き合わない」という選択を取っているんですよね。

確かに、大口のクライアントは、すぐに偉そうになります。「小さい会社のほうを大事にしろ」と言われても、普通の人間にはなかなか難しい判断だと思いますが、長い目で見れば、非常に賢い戦略です。

バッシングを恐れないでいると、トクをすることがあります。たとえば、匿名サイトを運営していると、「悪口を書くなんてけしからん」というクレームがくるようになります。そうすると、「2ちゃんねるはよくない」ということが世間で言われるようになるのですが、僕はそれをラッキーだと思っていました。

「悪評も評判のうち」ということもあって、知名度が上がってくれることも、もちろんメリットなのですが、それとは別に、バッシングをされると、「他社が参入してこない」というメリットもあるのです。クレームや悪評に耐えられる人は、僕が見るかぎり、そこまで多くないので、あえてそこに参入してくる人は多くありません。

次ページ会社はダメになったら「はい、解散」というノリがいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT