「平均寿命が短い都道府県」男女別ランキング

男性ワースト県とベスト県の差は3年以上も

平均寿命の都道府県間の差についてみていきます(写真:byryo/iStock)

2017年7月、厚生労働省から最新の簡易生命表が公表されました。これによると、平均寿命は男性が80.98年、女性が87.14年と、男女ともに過去最高を更新しました。諸外国と比べると、現在は男女とも香港(男性 81.32 年、女性 87.34 年)がトップですが、日本が有数の長寿国であることに変わりはありません。

一方、最近では健康で生きられる期間として、健康寿命の延伸への関心も高くなっています。

近年、平均寿命も健康寿命も伸びていますが、都道府県間の差が課題となっており、国は、これら2つの寿命の延伸だけでなく、都道府県間の差の縮小も目標としています。

そこで、今回は平均寿命の都道府県間の差、次回は健康寿命の都道府県間の差についてみていきたいと思います。

滋賀県が男性「長寿」全国1位

下の図は、2015年の都道府県別平均寿命を、横軸に男性、縦軸に女性についてプロットしたものです。

次ページ都道府県別の分析結果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。