「平均寿命が短い都道府県」男女別ランキング

男性ワースト県とベスト県の差は3年以上も

平均寿命の都道府県間の差についてみていきます(写真:byryo/iStock)

2017年7月、厚生労働省から最新の簡易生命表が公表されました。これによると、平均寿命は男性が80.98年、女性が87.14年と、男女ともに過去最高を更新しました。諸外国と比べると、現在は男女とも香港(男性 81.32 年、女性 87.34 年)がトップですが、日本が有数の長寿国であることに変わりはありません。

一方、最近では健康で生きられる期間として、健康寿命の延伸への関心も高くなっています。

近年、平均寿命も健康寿命も伸びていますが、都道府県間の差が課題となっており、国は、これら2つの寿命の延伸だけでなく、都道府県間の差の縮小も目標としています。

そこで、今回は平均寿命の都道府県間の差、次回は健康寿命の都道府県間の差についてみていきたいと思います。

滋賀県が男性「長寿」全国1位

下の図は、2015年の都道府県別平均寿命を、横軸に男性、縦軸に女性についてプロットしたものです。

次ページ都道府県別の分析結果
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT