長寿でも不健康期間が長い自治体ランキング

男性1位は奈良9.9年、女性1位は広島13.7年

不健康期間が長い都道府県は?(写真:Graphs/PIXTA)

健康寿命とは「日常生活に制限のない期間」のこと。最近では、平均寿命より関心をもっている方も多いようです。2016年の国全体の健康寿命は男性で72.14年、女性74.79年となっています(厚生労働省「第11回健康日本21(第二次)推進専門委員会」資料による)。前回(2013年)と比べると男性が0.95年、女性が0.58年延びていました。しかし、平均寿命との差、すなわち日常生活に制限のある「健康でない期間」は、男性で8.84年、女性で12.34年となっており、依然として長いままです。

では、都道府県別にみるとどうでしょうか。今回は、都道府県別の健康寿命に着目したいと思います。

中部地方は男女とも健康寿命が長い傾向

まず、男性を横軸に、女性を縦軸に、それぞれの健康寿命をプロットしたのが下の図です。

都道府県別にみると、愛知県と山梨県が男女とも健康寿命が特に長くなっています。この2つの県をはじめとして、全般的に中部地方で男女とも健康寿命が全国よりも長い傾向があります。一方、近畿地方は、男女とも健康寿命が全国よりも短い傾向があります。

都道府県差をみると、男性の健康寿命が最も長い山梨県と最も短い秋田県の差は2.00年、女性の健康寿命が最も長い愛知県と最も短い広島県の差は2.70年となっています。

次ページ男女で共通する傾向とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。