技術者冥利に尽きる35ミリカメラ

ニコン特別顧問・小野茂夫氏③

おの・しげお ニコン特別顧問。1931年生まれ。54年東京大学工学部精密工学科卒、日本光学工業(現ニコン)入社。カメラ事業部長などを経て93~97年社長、97~2001年会長。東京工芸大学理事長、日本バリュー・エンジニアリング協会会長を兼ねる。

ニコンのカメラは、ユーザーの声を反映してきたという自負があります。とりわけプロからは絶大な信頼を寄せていただき、こんな製品ができないかと依頼され、実現したものがいくつもあります。

 1979年のことです。米『スポーツ・イラストレイテッド』誌のカメラマンが来社し、スピードライト(ストロボ)との同調速度を速めてほしいと依頼がありました。ストロボは、シャッターが全開している間に光らなければなりませんが、当時のシャッタースピードは125分の1秒でした。これを500分の1秒にしてくれと言うのです。それは無理だけれど何とかしようと改良を重ね、まずは200分の1秒で製品化、まもなく250分の1秒も実現しました。これにより、レンズシャッター付き中判カメラでしか撮影できなかった、明るい室内での動きの激しいスポーツ写真も、35ミリカメラで撮影が可能になりました。ニコンがその先陣を切ったのです。

ユーザーの期待を裏切らない

それからしばらく後のこと。テレビの大相撲を何げなく見ていて、偶然、映し出された新聞社のカメラの放列がすべて35ミリカメラであることに気づきました。私は驚きました、こんなすごいことをやったのかと。自分たちの作った技術が、いつの間にかユーザーに受け入れられて、当然のように使われている。技術者冥利に尽きると感じましたね。

この技術もユーザーの要望がなければ開発はずっと遅れたでしょう。最初に『スポーツ・イラストレイテッド』から依頼があったときはいったん断っている。再度、来社しての依頼があって、ではやろうかということになった経緯があるからです。

ユーザーフレンドリーであることは、マニュアルフォーカス・カメラのレンズをオートフォーカス(AF)カメラでも、そのまま使えるようにしたことも挙げられます。カメラ本体とレンズとの接合部をマウントといいますが、当社はこのマウントの規格を変えなかった。他社はAF移行時にマウントを変更したところが多かったのです。

もちろんカメラやレンズの機能が向上し、組み合わせによっては、その新しい機能を発揮できないこともあります。ですが、新製品が出てこれまでの古いのが使えなくなったら、ユーザーはがっかりです。今のデジタル一眼でも、制約はあるもののニコンのものは従来のレンズが使えます。ユーザーの期待を裏切らないというニコンの技術陣の気風を継承し次の世代に伝えることができたことは、私の誇りでもあります。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。