卓球「Tリーグ」に光明!有力選手が続々参戦

T.T彩たまが埼玉のチームとして目指すこと

会見でTリーグ参戦の想いを語った柏原氏(筆者撮影)

そして「埼玉」の文字には、親しみや愛着を高めるために埼玉県の愛称として1992年に選定された「彩の国」の“彩”を使用。

県のイメージアップを図るとともに、チームが県民にとって身近な存在になっていけるようにと、地域密着の運営を目指す柏原氏の想いが込められている。

そのような願いを実現するために、ファンクラブ大会の開催や子ども向けのスクール運営も検討しているという。「世界レベルのプレーをできるだけ多くの方に見ていただきたいと考えています。また、子どもたちがトップ選手と打つことができれば、一生の思い出になるでしょう。そうした感動や体験できる場所を提供していきたい」と柏原氏。そのスクール運営でも日本トップクラスを目指したいと語っている。

埼玉のスポーツチームはもとより、地域に密着した幅広い活動を行ってきた。サッカーのJ1・浦和レッズ、プロ野球パ・リーグの埼玉西武ライオンズ、バスケットボールの埼玉ブロンコスなど、埼玉を代表する各競技のチームが参加している「プライドリームス埼玉」は、設立された2010年から毎年イベントを開催。

現役のトップアスリートや、プロ選手を育成してきた一流のコーチから指導を受けられる「親子スポーツクリニック」、選手やプロスポーツチームを支えるチームスタッフの話が聞ける「トークフェスティバル」の2種類があり、スポーツに触れ合う人の拡大を目指している。

このイベントをサポートしている「さいたまスポーツコミッション」の本田秋満委員によればT.T彩たまも参加する意向を示しているという。

柏原氏がチーム運営に踏み出したきっかけ

T.T彩たまを運営する柏原氏は、1都4県で店舗展開する中古車販売会社トーサイアポの代表取締役社長を務めており、このチームの資本金9800万円を全額出資している。同社はイメージキャラクターにタレントの小倉優子を起用している自動車買取専門店大手カーセブンの株主として知られ、1964年に創業して以来、つねに中古車業界をリードしてきた。

このように経営者として活躍してきた柏原氏だが、実は埼玉の熊谷商業高校時代、所属していた卓球部で全国制覇を成し遂げるほどの実力者。Tリーグ専務理事を務める松下浩二氏とは同級生で、いずれも進学した明治大学では共に汗を流した仲だ。

次ページ松下氏と柏原氏の縁
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT