日本で働く外国人が苦労した言語じゃない壁

自分の主張を強くしてしまったらシーン…

国籍も仕事もまったく違う3人は、日本で働くことをどう感じている?(撮影:尾形文繁)

昨今、さまざまな企業で外国人が働いているのを見掛けるようになりましたが、日本や日本の会社は「働く」という視点で見たときに、どれだけ魅力的な場所なのでしょうか。

そこで、今回は出身国や日本の滞在歴、職種も異なる3人に集まってもらい、日本での仕事のやり方や働き方、上司とのコミュニケーションなどについて語ってもらいました。今後、国境を超えた人材争奪戦が激しくなるとも言われる中、日本により有能な人材を集めるのにはどうしたらいいのか、ヒントを探せるかもしれません。

オンラインで日本の会社の面接を受けた

今回参加していただいたのは、この3人です。

カルロス・ドンデリス氏
スペイン出身、日本在住歴7年。クラウド名刺管理サービスのSansanでシステムエンジニアとして働いている。
イブラギモブ・ショハルフベック氏
ウズベキスタン出身、日本在住歴12年。通称ショーン。ヤンマーに入社8年目。マーケティング部の市場調査や競合他社分析の仕事している。
マニッシュ・プラブネ氏
インド出身、日本在住歴20年。アドビシステムズで、ビジネス開発のコンサルティング責任者を務めている。

――日本で働くようになったきっかけは?

ドンデリス:子どもの頃からアニメ、空手など日本の文化に興味があって、観光で東京や京都を見て、日本で仕事したいと。エンジニアがたくさんいる日本で、日本人ではなくスペイン人の僕が選ばれるよう1年ぐらい準備して、オンラインで面接を受けました。

日本語はマドリッドで1年ぐらい勉強しましたけど、東京に着いたら何もわからなかったですよ。日本に来てから、学校に通ったりしました。最初は大変だった。でも、少しずつ慣れました。

次ページ日本で大変なのは言葉の壁より「文化の壁」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
海外不振が続くサンリオ<br>復活担う創業家の御曹司

90歳の創業社長から60歳以上若い孫への世代交代が近づく。若き御曹司は、業績不振のサンリオを立て直せるのか。ハローキティなどキャラクターのブランド力向上を目指す。