なぜかおカネが貯まらない人の「15の悪習慣」

「昭和のマネーリテラシー」に要注意

12 ボーナスを給与口座に入れるのをやめる

年に2回のボーナスは、貯蓄の大事な原資のひとつ。これは日常のおカネではなく非日常のおカネなのだ。それを日常のおカネの入れ物である給与口座に入れたままにしておくと、だんだん日常化してしまい、なんとなく使ってしまう。いったん別口座に移して、非日常のままキープしよう。

13 オートチャージをやめる

交通系ICカードや電子マネーにオートチャージ設定をしている人は、現金での支払い以上に買い物をしている可能性大。コンビニや駅のスタンドでの少額の買い物に使うケースが多く、しかも自動でチャージしてくれるので、支払いの意識が弱くなる。また、その場でレシートをもらわないと、チャージ用のクレジットカード明細には金額しか記載されないため、ますます何のおカネだったか反省のしようもない。便利なサービスは自己管理と背中合わせにある。おカネの管理が面倒くさい人は、やめておいたほうがいい。

14 貯蓄型の保険に入るのはやめる

保険とは、万が一のときにおカネ(保険金)が受け取れるもの。その「万が一」がなくてもおカネが返ってくるとなれば、その分の原資は保険料に上乗せされている。しかも円建ての場合、この低金利下では相応の保険料を払ってもらわなければ、満期に戻す金額まで増やせない計算になる(だから保険会社は今、外貨建ての保険を全力でお勧めするのだが)。満期まで寝かせるデメリットをもっと考えたほうがいい。毎月かかる支払いにはシビアになるべき。

親世代のマネーリテラシーは昭和の認識のまま

15 おカネについてのアドバイスを親に聞くのはやめる

このところ、多くのマネー専門家からこの意見を聞く。親世代のマネーリテラシーは、残念ながら右肩上がりだった昭和の認識のままだ。家を買ってこそ一人前だし不動産は値上がりするもの、教育費を貯めるなら学資保険がベスト、我慢して定年まで働けば給料は上がっていく…これらは今も通用する常識とは言えない。ケンカになってもいけないので、おカネの相談は親ではなく現代のマネー知識を持つ相手にしたほうが平和だし、ためになるだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT