お金持ちに一歩でも近づくための3つの法則

日本人は下手だが超富裕層は皆がやっている

「超」がつくお金持ちになるのは難しいかもしれない。だが、海外の超お金持ちが実践している「3つのシンプルな法則」を覚えるべきだ(写真:amadank / PIXTA)

ファイナンシャルプランナーの私が富裕層の多いシンガポールに住んで3年になりますが、子供の学校やパーティー、さらにはビジネスの場で、世界中の「超お金持ち」との接触が多くなります。著名投資家のジム・ロジャーズ氏や長者番付でも上位にランクインされているフェイスブックの共同創業者エドゥアルド・サベリン氏、地元出身では、スペインのプロサッカーチームであるバレンシアのオーナーとして有名な投資家のピーター・リム氏などがシンガポールで生活をしています。

こうした超お金持ちとの交流では刺激を受けたり、ショックを受けたりもします。今回は、彼ら彼女たちが実践している文字どおり「お金持ちになる方法」をお伝えしたいと思います。読者の皆さんは「どうせ、富裕層は別次元の人でしょ!」と思っている人も多いかもしれません。しかし、超お金持ちの中には、一代で若くして富を築き上げた人も多いのです。少なくとも初期では一般人とそれほど大きな差はなかったはずです。

お金持ちに近づく「3つのシンプルな法則」とは?

ひとことで言えば、普通の人との根本的な違いは、「時間やおカネの使い方と選択の仕方」(リスクの取り方)だと感じます。一つひとつの選択も、積み重なると大きな差となり、40代にもなると大きな差が出て、「数億円の資産」を築いている人と「貯金ゼロ」という差になることもあるのです。早速見ていきましょう。

実はおカネを殖やすためにできる要素は、次の3つしかありません。「収入を増やす」「支出を減らす」「運用リターンを上げる」ことです。日本人は1つ目の支出を減らすことには長けていますが、収入を増やしたり、運用リターンを上げたりする部分は、特に改善の余地があると感じます。

(収入 – 支出 )× 運用リターン

「そんなことを言っても、収入を増やすのは簡単じゃない」――そのように嘆く日本人が多いのはわかります。しかし、就職や転職をするときに、業種ごとの賃金、面接を受ける企業の賃金や手当などの報酬、給与の伸び率などをきちんと調べていない人も多いのです。公開されている資料で事前に調べることもある程度可能ですし、OB訪問などをして詳細にリサーチすることだってできるはずです。

次ページ日本人はもっと収入に貪欲になる必要がある
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。