なぜかおカネが貯まらない人の「15の悪習慣」

「昭和のマネーリテラシー」に要注意

悪い習慣を断捨離しておカネを貯めよう!(写真:naka / PIXTA)

しっかりおカネを貯められる人になりたい――そう願う人は、いったい何をすべきだろうか。意気込んで新しく貯蓄メソッドを始めるのではなく、当たり前のようにしている習慣を「やめる」ことからスタートしたほうがいい。主婦雑誌の編集者として多くの人の家計を取材してきた筆者は、貯まらない人の生活に、浪費トラップが無数にあるのを目にしてきた。

この連載の記事一覧はこちら

自分がよかれと思って選択していることが、大事なおカネを減らしているかもしれない。悪い習慣を断捨離すれば、おカネは自然に手元に残るようになる。以下に挙げた15の習慣に心当たりがあれば、ぜひ「やめる」ことをお勧めしたい。

おカネを使うつもりはなかったのに…

1 毎日の「寄り道」をやめる

毎日、用事もないのについ立ち寄ってしまう場所はないだろうか。近所のコンビニ、カフェ、レンタルDVDショップ。女性ならドラッグストアや100円ショップなども多いかもしれない。特におカネを使うつもりはなかったのに、そこを出るときにはなぜか手に買い物したものを持っている。1日に使う金額はわずかでも、じわじわおカネを食っていく。寄り道グセがある人は、まず立ち寄る回数を減らすことから始めてみよう。

2 次回使える割引クーポンを受け取るのをやめる

飲食店のレジで代金を支払った際に、次回使える割引クーポンやワンドリンクチケットを渡されることがある。そこには有効期限が記載されているだろう。毎週訪れると決めている店ならよいが、そうでないなら受け取らないか、すぐに処分したほうがいい。受け取って財布にしまうと、有効期限間近になってそれに気づき、慌ててその店に向かいそうになるからだ。その日、本当に外食したい気分だったらいいのだが、クーポンのためだとしたら無用な出費だ。さらに、その日再びクーポンを受け取るはめになるかもしれないので要注意。

次ページコーヒーのスタンプを集めるのをやめる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。