「面接がうまくいかない就活生」の5つの特徴

自分目線、早口、話の盛りすぎはマイナス印象

4 無意識のうちにマイナスイメージを持たれる

自分では意識しないでも、勝手に相手に伝わってしまう情報がある。どれだけ自己PRの内容が良くても、マナーが悪かったり、身だしなみが良くなかったりして、マイナス評価を受けてしまうのはもったいない。話すときの表情や姿勢、声の大きさなど、できれば大学のキャリアセンターで、模擬面接を受けて確認しておいた方がいい。

特に視線には要注意。緊張しているせいか、面接を受けている際に、斜め上を見たり、目線が泳いだりする学生は、けっこういる。話す内容に自信がないのかと思われたり、何かごまかそうとしていると、誤解される懸念がある。

面接官の目をしっかり見つめ、落ち着いて質問に答えていくようにしたい。また、面接官が話をしているときは、適度なあいづちや頷きを入れながら聞くことも大事だろう。

キャリアセンターの模擬面接で練習を

5 準備不足で本番を迎える

志望度が高い企業の面接に、準備不足でのぞむのは、絶対に避けてほしい。少しでも慣れておくために、キャリアセンターでの模擬面接は受けておきたい。

キャリアセンターの相談員は、社会人経験の豊富な人が多く、実際に企業で面接官をしていたという経歴を持つ人がけっこういる。自分が伝えるべき内容をしっかりアピールできるかどうか、また、話す内容に説得力があるのかどうか、そして、話すときの表情や姿勢、動きなどを確認してもらい、フィードバックしてもらうとよい。

緊張していると、ついつい口元に手を持っていったり、オーバーアクションになったりと、誰にでも自分では気づかないクセが出るものだ。マイナス評価につながるようなクセがないかどうかも、模擬面接で確認しておきたいところ。面接時期のピークを迎えると、キャリアセンターには、なかなか予約が取れないこともある。早めに模擬面接を受けて本番に備えるようにしたい。

面接がうまくいかない人の特徴を5つの点に絞って紹介してきた。面接には成功する人と失敗する人の大きな違いがある。それは、「相手の知りたいことを話す人」か、「自分の言いたいことを話す人」か、という違い。ぜひ、面接官が知りたいと思っていること、質問の意図を理解し、その会社に対するみなさんの熱意をしっかり伝えてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT