大学は職業訓練校ではないと割り切るべきだ

スキルの取得には「課外活動」が重要

英語教育の重要さや、英語ができる人材の確保が叫ばれてはや数十年が経とうとしていますが、大多数が数年の英語教育を受けているはずの日本において、いまだに日本人の英語力が向上したという話を聞きませんから、そもそも英語ができるようになることを求めて大学に通うという前提自体に無理があるのです。

大学とは職業訓練校ではありません。そう割り切るべきです。本来はそういった側面をもう少し持っているべきであると考えますが、現状がそうでない以上は、大学に通うことの利点をほかに見いだし、社会に出て通用するスキルの取得は大学外に求めるべきです。

たとえば、さまざまな勉強を通じてやりたいことや興味のあることを見つける場とするとか、勉強をするクセをつける、一般的な教養を身に付ける、自分の視野を広げる場とするなど、大学に通うことでしかできないことも多々あります。

一方で、繰り返しですが職業訓練の場は外に求めるべきですし、実際に私は独学ではありましたが、そのように割り切って大学在学中にさまざまな勉強や経験を積んできました。

そのような前提で考えますと、大学というハコだけ変わっても何の意味もありません。

大学名にかかわらない武器を手に入れる

結局はAbeさんの考えの実現には外の予備校なりに通ったりする「課外活動」が重要になってくるわけですから、むしろ考えるべきはどういった分野で課外活動をするかではないでしょうか。

かくいう私自身も、一流大学の学生ですら予備校に通っている現実や、英語のできない人材を量産する大学教育の限界や、やりたいことがわからないと平然と言う学生たちを見て、自分ならではの武器を手に入れるべく大学1年生から早くも課外活動を開始していたものです。

たとえば英語は前述のとおり一流大学出身者でもできないという意味で、学校のレベルによる差別化が存在しない対象ですから、自分次第で大学名にかかわらない武器を手に入れる可能性の高い対象なのです。つまり、どの大学に通っているかよりも、どんな課外活動をしたかで勝負が決まる分野なのです。

ほかにもそういった分野は多くありますから、Abeさんもどこで戦うかを考える際にはそういった課外活動による差別化が利く分野という視点で考えるのも一考です。

参考までに申し上げますと、私個人はやりたいことが明確であるならば大学名ではなく、学部で選んだほうがよいと思っています。有名な大学よりも、学びたい分野の学部に特出した教授がいるとか、そういった視点で選ぶのがよいと思います。

なぜならば、大学名なんぞ社会に出て数年もすれば正直自分の価値を証明するものにはなりえませんから、それならば自分のものになる知識を学べる学部という単位を優先したほうがよいと思うからです。

いずれにしても、転職にしても転学にしても、「何か」を求めてやってみても何も変わりません。明確な目的があってはじめて、そういった行為は意味を成しうるのです。決して反対ではありません。

学校や会社というハコだけ変わっても、自分が変わらないと意味がないからです。

Abeさんがやりたいことを明確にされ、課外活動による差別化を図り、将来にわたって通用する知識なりを手に入れることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT