大学は職業訓練校ではないと割り切るべきだ

スキルの取得には「課外活動」が重要

明確な目的があってはじめて自分ならではの武器が手に入るのではないでしょうか(写真:Koji_Ishii/iStock)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

こんにちは。安井さんに、質問させていただきます。現在、明治学院大学国際学部に通う大学1年生です。
今年、学校を退学して、他大学の受験勉強をしようと考えています。
ただ、就職についていろいろ調べていると、明学を卒業して米国公認会計士などの資格を取ったり、大学院に行って会計など経営について学んだほうがいいのでは、とも思ってしまいます。
お考えをお聞かせいただければ幸いです。
大学生 Abe

何を学びたいかが明確でないなら転学すべきではない

現在の大学を退学してほかの大学に入学し直すことは、Abeさんに関して言えばまったく意味のない行為ですから、やめるべきです。

なぜならば、現時点において大学に通うことで何を学びたいかが明確でないからです。

この連載の記事一覧はこちら

これが明確であれば、それが学べる学校に通うのがよいのでしょうが、Abeさんの場合はその限りではありません。

頂戴した文章を拝見するに、Abeさんは社会に出た際に通用する何かしらのスキルを手に入れたいという願望があり、そのスキルを学ぶ場として大学を見ているようです。

しかしながら、たとえば会計士資格などはご存じのとおり、超一流大学に通っている学生ですら、試験に備えるため予備校に通っています。つまり、大学に通っていれば身に付くスキルではないのです。

私自身のリアルな経験からもそう断言できますが、大学をそのようなスキルの取得の場として見るのは正直、無理があります。

たとえば多くの社会人にとっての必須スキルである英語と簿記などの基本的な会計知識。これらは大学で身に付く代物ではありません。

次ページ大学というハコだけ変わっても何の意味もない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT