センバツ「夏とは違う甲子園」を目指した96年

なぜ高校野球の大会が春夏に年2回あるのか

そうしたもやもやが一気に噴出したのが、2010年3月22日の第82回選抜高校野球2日目第一試合、開星高校(島根県)と、21世紀枠で選ばれた向陽高校(和歌山県)の試合だった。

向陽高校は戦前、海草中学という名で夏の甲子園2連覇を果たした強豪だったが、1965年以来甲子園では勝ち星がなかった。戦前の予想は開星高校有利とされたが、ふたを開けてみると2-1で向陽の勝ちだった。

“21世紀枠の学校に負けたのは末代までの恥”

45年ぶりの向陽の甲子園の勝利にオールドファンは盛り上がったが、試合後の公式会見で開星高校の野々村直通監督は

甲子園で指揮を執っていた野々村監督(当時)(写真:野々村直通氏提供)

「21世紀枠の学校に負けたのは末代までの恥、腹を切りたい」

と発言したと報じられた。翌日には、開星高校の校長が向陽高校を訪れ、謝罪をする騒ぎとなった。高野連はこの発言を問題視し「事実確認をしたい」と述べた。

この稿を書くに当たり、今は教育評論家、画家になっている野々村直通氏に改めて話を聞いた。

「21世紀枠の学校と初戦に当たったことで、周囲からは”ラッキーだね””あまり点を取りすぎないように”などと言われました。でも、私自身は、向陽は決して侮れないと思っていました。私の予想通り向陽の藤田達也投手は冷静で素晴らしい投球をした。うちは、向陽の3安打を上回る6安打を打ちながら、攻略できなかった。

頑張ってきた生徒たちを勝たせてやれなかった。これは私の責任だ。試合後は、申し訳ないという思いで胸がいっぱいになっていました。甲子園では負けた高校の監督も4分間、NHKのインタビューを受けなければなりませんが、私は言葉が出なかった。アナウンサーにいろいろ聞かれましたが、最後に絞り出すようにして言った” 末代までの恥、腹を切りたい”が拾われて、大きなニュースになってしまったのです」

野々村氏は、すぐに謝罪したが、引責辞任せざるを得なくなった。

学校には非難の声が殺到した。しかし、この発言の直後から「野々村監督の発言は、いきすぎだが、その気持ちはわからないでもない」という声もあった。

野々村氏は、教え子や父兄などの復帰嘆願運動もあって、2011年4月に再度監督に就任。この年の夏の甲子園に出場したのを手土産に、翌年3月、定年退職した。学校側は定年延長を提示して引き留めたが、野々村氏には未練はなかった。

次ページ野々村氏が今語ること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT