日本の立憲君主制は世界から遅れているのか

欧州中心に男女同権になりつつある

――継続性が大事になる?

ドイツやイタリアのように大統領が元首といっても、長老政治家がなるから党派性はぬぐいきれず、公正中立の存在になるのは難しい。なかなか決まらないこともある。国王の場合は代々、引き継ぐ。継続性、連続性、安定性がことさら意識され、それを体現する存在として重宝されてもいる。

これからの「君主制」

――英王室の転機はダイアナ事件ですか。

その後、力を入れたのがネットでの情報公開。毎日のように更新して、公務の大変さが国民の間に浸透し、信頼を回復していった。ほかの欧州の王家も盛んに情宣を手掛ける。昨年4月スペインのフェリペ6世が来日した時に、私自身舌を巻いた。迎賓館での儀仗兵閲兵や宮中晩餐会での様子をユーチューブに即刻アップしていた。

――英国では生前退位はない?

立憲君主制の現在: 日本人は「象徴天皇」を維持できるか (新潮選書)
『立憲君主制の現在:日本人は「象徴天皇」を維持できるか』 (君塚直隆 著/新潮選書/1400円+税/305ページ)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

規定はなく、たぶん慣例としてない。1760年から1820年に在位したジョージ3世時代の晩年に摂政を置いたことぐらい。現女王も来月で92歳、何が起こってもおかしくないが、女王陛下のままで公務をチャールズ皇太子に引き継ぐことになるだろう。

――議会政治、政党政治の場合、公正中立は難しいのでは。

20世紀、ほとんどの国、特に世界大戦で負けた側では君主制が潰れた。だが日本は唯一、負けたのに君主制が潰れなかった希有な存在。日本の象徴天皇制はでき上がってから70年余。70年余もという言い方もできるが、考え直すには時間が必要だ。

――考え直す?

近現代は、明治維新から数えて150年。戦後の象徴天皇制はその半分近くになり、定着してきたものの公務を担える皇族の数は知れている。女性天皇を視野に入れる必要があるのではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT