日本の立憲君主制は世界から遅れているのか

欧州中心に男女同権になりつつある

――生前退位は日本ばかりではないわけですね。

2016年8月8日の天皇陛下のお言葉が午後3時から地上波すべてで放映され衝撃的だった。欧州では、2013年1月28日にオランダのベアトリクス女王(当時74)が33年の在位を終える譲位のビデオメッセージを国民に送り届けている。同じ年の7月にはベルギーのアルベール2世(79)、翌2014年6月にはスペインのフアン・カルロス1世(76)が「同じ道」をたどった。

君塚直隆(きみづか なおたか)/1967年生まれ。英オックスフォード大学セント・アントニーズ・カレッジ留学。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。東京大学客員助教授、神奈川県立外語短期大学教授などを経る。専攻は英国政治外交史、欧州国際政治史(撮影:大澤 誠)

これらの方々は20代からの陛下の友人であり、同世代。陛下のお言葉にはベアトリクス女王の原稿と重なるところもある。たとえば国民に寄り添い、苦楽を共にし、とても幸せだったとの主旨のところ。参考にされたのではないか。

陛下や日本は決して孤立しているわけではなく、天皇としては30年だが、皇太子時代を含めれば60年に及ぶ友人知己が世界にいる。王様は孤独な一方、公務が同じように課せられる。そこから自分も潮時だと思われたのだろう。

――今は民主政治が当たり前になっています。

もちろんそうでない国もまだある。雑誌の「最悪の独裁者たち」と題された特集を眺めると、その人たちの肩書はほとんどが大統領で、王様は1人としていない。いくつかの国は王様を自分たちの手で追い落とし、その大統領を自ら選んだ。しかしデモクラシーのはずがいつしか独裁になり、逆に差別と弾圧を行う「共和国」になり下がった。

君主世襲は生まれながらにして王位が確定し、デモクラシーとは相いれないはずだが、実はその地位につく人のほうが時流をわきまえ、世界の現実を認識している場合がほとんどだ。絶対君主や専制君主ではなくて、「象徴君主」として議会、政府、裁判所とタイアップしながらかかわっていく。もちろん実権は彼らに託すが、いざという時にはかかわり方も強まる。現実にはこのほうが健全に動く。

その国の伝統や文化を担い続けてきた王室

――多くの王室は外交にもかかわっています。

王室はその国の伝統や文化を担い続けてきた一族。各種の団体や組織の長として芸術や学術の振興にかかわり、その面でも詳しい人が多い。経済面にもかかわる。たとえば英国の場合、チャールズ皇太子や弟のアンドリュー王子は経済界の代表を数百人引き連れて、自国の通商や産業の振興のために世界を回ることもある。アンドリュー王子はドバイ地下鉄の受注で活躍したとか。

最近の事例では、オランダのウィレム・アレクサンダー国王夫妻が平昌(ピョンチャン)五輪に参加したついでということで中国を公式訪問。習近平主席や李克強首相に会って通商の話もしている。欧州では国王、王妃、あるいは皇太子にビジネスに深くかかわる人が多い。文化や歴史の宣伝者であると同時に、ほどほどの距離で政府の活動の穴を埋める役割を担う。

次ページ継続性、連続性、安定性を体現する存在
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT