日本は「ベーシックインカム」導入で変わる

AI時代到来でBIは欠かせなくなる

「働かざる者食うべからず」から大転換が起きるのか?(写真:xijian/iStock)
AI(人工知能)が爆発的発展を遂げる10〜20年後、日本でも49%の人が職を奪われるという研究報告がある。生産活動をAIが担う未来は、人間にとってユートピアなのか、それともディストピアなのか。そんな時代に著者が強く訴えるのがBI(ベーシック・インカム)の導入だ。『AIとBIはいかに人間を変えるのか』を書いた経営コンサルタントの波頭亮氏に詳しく聞いた。

餓死者や凍死者が毎年出ている日本

――BIとはどんなものですか?

最低限の生活を営むに足る額の現金を、国民全員に無条件・無期限で給付する制度です。生活保護や国民年金と同水準の1人当たり8万円と設定すると、夫婦に子ども2人の家庭では32万円の給付になる。もちろん使途は自由です。

長所は国民であることのみが条件というシンプルさ。そして官僚や行政の差配が利かないこと。

昨日ツイッターでこんな記事を見ました。生活困窮者が民生委員と生活保護申請に行ったら、「財布に今いくらあるの?」と聞かれ、「全財産3200円です」と答えた。すると、「それだけあれば1週間生きられる。出直してこい」と追い返されたという。

生活保護で不正給付なんて日本はたった0.39%。「微妙な場合は給付せず」で、受給資格者1000万人に対し200万人にしか給付していない。8割がふるい落とされているんです。国家としてこれだけ豊かなのに、餓死者や凍死者が毎年出ているってクレイジーですよね。

次ページ財源はどうなる?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。