嘘つきでないと「営業」は成立しないのか

顧客よりも会社を優先することの違和感

営業は、売り上げのためなら何をしてもいいのでしょうか?(写真:Elnur / PIXTA)

「営業」という仕事はジレンマの連続だと思います。会社から売り上げのノルマを課せられて、その上で自分が接した顧客の利益を最大化するよう努める。個人としては、どちらも良い方にいくことを願っていても、実際は会社からの評価を気にするあまり、顧客の利益の最大化には繋げられないことも多いのではないでしょうか。

当記事は、マンガ新聞の提供記事です

そして時には顧客に対して嘘、もしくは不誠実な回答をすることで自分にとって有利な条件での契約に持ち込ませ、必要以上の請求をとって会社から評価を得る営業もいます。

こういう話を耳にすると、一体営業とはなんなのか、誰のために働いているのか、たびたび自分は疑問に思ってしまうのです。

営業をするには、嘘、もしくは不誠実な回答をして顧客をそそのかさなければならないのか。そうしなければ、利益を上げることはできないのか。

そんな営業のジレンマをマンガにした作品が、昨年「ビッグコミック」(小学館)にて始まりました。その名も『正直不動産』です。

『正直不動産』あらすじ
登坂不動産のエース営業マン・永瀬財地は嘘を厭わぬ口八丁で売り上げNO.1を叩き出す凄腕だった。だが、とある地鎮祭で石碑を壊して以来、嘘が上手くつけなくなってしまった……!!
千三つと言われる海千山千の不動産業界でかつての成績が一気に低下する中、
永瀬は、嘘が上手くつけない正直営業で苦戦するが……!?
不動産屋の裏側を全部ぶっちゃけちゃうニュー・ヒーロー、誕生。

優秀な営業マンは嘘つきばかり?

この作品の主人公はとても優秀な営業マンでした。ただし、そのやり口はお世辞にもほめられたものでなく、顧客にとってまさに不誠実そのもの。

本来ならばクライアントにとってよりメリットのあるやり方をオススメせず、自分にとって利益の大きいやり方を勧めてそそのかし契約をさせるというやり方をとっていました。

次ページ嘘を封印されてしまった主人公
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。