(第16回)【2010年新卒採用動向】売り手市場の終焉・個へのフォーカスの時代

(第16回)【2010年新卒採用動向】売り手市場の終焉・個へのフォーカスの時代

福井信英

 2009年卒の大学生を対象とした採用活動は、バブル期以来と言われる、学生の「売り手市場」で終了した。
 10月1日には、2010年卒の学生を対象に、リクナビ・マイナビといった求人広告媒体が一斉オープンしたが、2010年卒の新卒採用市場はどうなるのか。

 正確な結果は新卒採用活動の全体像が見え始める来年の4~5月頃の大規模調査を待つ必要があるが、採用活動の現場に身を置いているものの直感としては、「就職環境の悪化」「売り手市場の終焉」が2010年卒の新卒採用を表すキーワードになるのではないかと感じている。

 ここに、いくつか私が知っている事実を並べてみる。
1)サブプライムローン問題に始まる金融不安から、外資系金融機関及び新興不動産企業を中心に採用縮小・凍結の動きが5月以降急激にめだつようになった。
2)団塊世代の退職に伴う一時的な雇用ギャップが、ここ数年の採用拡大によってほぼ調整され、企業の新卒採用数が落ち着きを見せている。
3)2~3年前の採用活動で数百人~千人単位で新卒学生を採用し、求人倍率押し上げの中心となっていた新興企業のいくつかが、廃業に追いやられたり、事業活動・就職活動の縮小を行っている。
4)中小規模の専門商社・メーカーなど、景気による影響を受けやすい業界で、景気の先行き不安を見越して、採用人数を過去2~3年と比較して縮小する企業が増えている。
以上は採用活動を行う企業で発生している現象だ。1~3は直接的な原因で採用人数が減少している例だが、これから採用活動の検討・最終意志決定をする企業には、4のような企業が増えてくることだろう。

 また、1~4の結果として、求人広告媒体を扱っている代理店のうち、販売状況が予定を下回る会社が増えてきているようだ。取扱高が多かった代理店に関しては、業績に深刻なダメージを受けているところも多いと聞く。

 以上のような事実から、私は2010年卒の新卒採用のキーワードの一つが「売り手市場の終焉」になるのではないかと考えた訳だが、個人的には「個へのフォーカスの時代」がキーワードになって欲しいと考えている。

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。