「別れの手紙」を書かせるとわかる医師の資質

医学部受験「突破」への必勝法はこれだ

医師にはいったいどんな資質が必要なのか。医学部受験の問題から探る(写真:プラナ / PIXTA)

医学部受験の2次試験、ことに面接試験、小論文試験が多様化してきている。今年の入試でも、「少子化について」(国際医療福祉大学)、「自分の型について」(岩手医科大学)など、通常の小論文のほかに、「触らぬ神に祟りなし」(杏林大学)など、書きにくい小論文も出題されている。

そこで今回は、受験生の能力・資質の何を探ろうとしているのか、一見分かりにくい、風変わりな小論文問題を取りあげる。背景で問われている医師の能力・資質について考えてみたい。

実際に3人の受験生に書いてもらった

問題は以下のようなシンプルなものだ。

「あなたにはこれまで3年間真剣なお付き合いをしてきて、来年くらいに結婚の約束をしている彼ないしは彼女がいるとします。ところが2カ月前にふとしたことで知り合った別の人が好きになってしまい、今付き合っている人と別れる決心をしました。600字以内でお別れの手紙を書いてください」(2014年愛知医科大学小論文)。

この連載の記事一覧はこちら

まず出題の背景を探り検証をする前、この入試問題を受験生に書かせると、どのような別れの手紙になるのか、50人ほどの教え子に実際に書いてもらった。その中から異なるタイプの3人の受験生について、実際の答案を読んでもらうことにしよう。異なるタイプとは以下の受験生である。

受験生1(男子):高校時代、スポーツに熱中して、女性との接点がない受験生。1浪で難関国立大学医学部合格

受験生2(女子):大卒の再受験生。いまだ浪人中

受験生3(男子):文武両道で非常に社交的で如才ない受験生。1浪で難関国立大学医学部合格

そして以下が答案だ。まずは受験生1から。

次ページそれぞれの受験生はどう答えたか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT