35歳女性社長が変えた「突っ張り棒」の常識

平安伸銅工業は、新需要をどう開拓したのか

業績回復のために何をしたらいいか、竹内社長は入社したての新鮮な頭で考えました。自分たちの会社の持っている強みは何か。何を有効活用すれば他社の突っ張り棒と差別化できるのか。また、どの市場に出ていけば価格競争に陥らないで済むのか、といった点も考えました。

幸いなことに、価格競争に疲弊した大手企業は、徐々に突っ張り棒市場から撤退し始めていました。残存者利益は確保できるかもしれない。急がれるのは、価格競争のない新しいマーケット探しでした。

その時、大きなヒントになったのが、自らの新婚時代の家探しの経験でした。予算の問題もあって新築が望めない身としては、中古物件でいかに快適に住むかが、切実な課題です。気に入ったインテリアショップやデパートで小物類を買い足して、居住空間を自分好みに変えていきました。

そしてリフォームの過程で、次のように考えました。

「限られた空間の中でいかに快適に過ごすかは、どんどん家を大きくしていくことができない以上、誰もが直面する課題。自分たちの会社でもその解決のお手伝いができないだろうか」

新しいライフスタイルを提案する突っ張り棒

今までの突っ張り棒作りの経験を生かし、それをもっとおしゃれな家具として提供できないか、と思ったのです。

こだわりの3色をそろえた「LABLICO(ラブリコ)」(写真:平安伸銅工業)

しかし、当時の会社は、競合他社との競争の中で「耐荷重」といった機能性を重視しており、新社長の「新しいライフスタイルを提案する突っ張り棒を!」といった主張には戸惑うばかり。現場から竹内社長には「具体的な形を示してほしい」との声もありました。

孤軍奮闘している竹内社長の頑張りを見て、応援してくれる人もいました。会社に出入りしている人材派遣会社の方です。竹内社長が抱いているイメージを形にしてくれる優秀なプロダクトデザイナーを紹介してくれたのです。

次ページ会ってみたところ…
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?