先端グリーンビジネス「植物IoT」とは何か

観葉植物市場の成長余地は大きい

中村社長(写真:グリーンコンチネンタル)

筆者が親しくお付き合いさせていただいている応用生物工学の先生(大阪大学・小林昭雄名誉教授)から、緑の大切さについて伺ったことがあります。19世紀は「リアル・ゴールド」の時代、すなわち本物の金が大切でした。20世紀は「ブラック・ゴールド」の時代、石炭や石油といった黒色燃料が重要でした。でも21世紀は環境重視の「グリーン・ゴールド」の時代、緑が主役になる、と言われます。確かに、人間や動物社会の成長に翳(かげ)りが見え始めた今、植物の豊饒(ほうじょう)な世界に注目が集まっています。

この連載の一覧はこちら

いち早くその可能性に気づき、グリーンビジネスの最先端を走っているのが今回紹介するグリーンコンチネンタルの中村壮博(たけひろ)社長です。大阪市住之江区南港北に本社オフィスと温室を構え、①斬新な観葉植物ビジネスで全国展開するとともに、②先進の植物IoT(もののインターネット化)事業にも取り組んでいます。

特にこの「植物IoT」は、ついに植物の世界にもIoTが及んだのか、と驚きをもって話を聞かせてもらいました。以下、中村社長の来歴と活躍ぶりを追っていきたいと思います。

未開拓業界へのグリーンビジネスで死中に活

中村社長は、2004年に同志社大学を卒業。まだ30代半ばの少壮若手実業家です。卒業後は豊田通商に入社。アジアで出合ったオーガニック肥料に魅力を感じ、2012年に独立してその肥料の輸入販売を手掛ける会社を立ち上げます。しかし同年秋、尖閣諸島問題が勃発し、肥料の輸出入が一時停止。設立数カ月で倒産危機に見舞われますが、資金をかき集めて急場をしのぎ、この肥料で育てた植物の販売を始めます。

ただ、日本の一般的なガーデニング市場は2200億円と、世界的に見るとわずかな規模です。「イギリスで4兆円、アメリカでは5兆円規模のマーケットです。従来の観葉植物の売り方では限界と思いました」と中村社長。そこでターゲットをアパレル、美容、ショッピングセンターなどに絞り込み、店舗・商業施設・オフィス向けサービスに特化することにしました。今まで一般的だった小売店舗展開中心(BtoC)から法人向けサービス(BtoB)への転換です。

そして、新しい世界観を表現するためのコンセプトショップをオープンするに際し、参画したのが、元同僚の妹さんの政尾恵三子さんでした。

次ページ天井から吊るした「ハンギング植物」がブームに
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゼンリンが開発で先行<br>自動運転用の3D地図

地図情報首位のゼンリンが、巨大需要を見込む自動運転用の高精度3D(3次元)地図作成に挑む。成功すれば、ライバルを突き放す。首位の座をより強固なものとするのか。