準備ゼロから東京マラソンを完走する方法

完走する人は、”マラソン算数”を知っている

まず「完走」するにはどうしたらいいか?(写真は前回の東京マラソン)

来年2月23日(日)に開催される「東京マラソン2014」の抽選結果が、9月26日より応募者にメールで通知された。マラソンの部は申込人数が30万2442人で、抽選倍率は約10.3倍。当然のことながら、筆者の周りでは、「やっぱりダメだった」という落胆の声が大多数だった。

反対に、10人にひとりの割合の幸運を手にした人もいる。その中には、どうせ当たらないだろうと、気軽な気持ちで申し込みを済ませた人も少なくないはず。今頃、「ヤバイ、どうしよう!?」と慌てふためいている方のためにも、今回の記事では、準備ゼロから東京マラソンを「完走」するための戦略を考えたいと思う。今回、当選しなかった多くのランナー、ランナー予備軍の皆さんにも、きっと参考になるはずだ。

前回の東京マラソンは3万5954人(マラソンの部)が出走し、3万4678人が完走。96.5%という高い完走率を記録している。その最大の理由は、東京マラソンの制限時間は「7時間」と、国内のメジャーレースでは最も“緩い”ことにある。

しかし、東京マラソンは3万人以上のランナーが集結するためスタート付近は大混乱となる。スタートラインから最後尾までが約900mの長さになり、後方のランナーがスタートラインを超えるのには、20分以上かかることを頭に入れておかないといけない。また、レース中に1度はトイレに行くと想定すると、東京マラソンの実質の制限時間は「6時間30分」くらいになる。

前回の東京マラソン完走者は、4時間台が最も多くて32.4%。その次が5時間台で28.8%と、4~5時間台がボリュームゾーン。6時間台も15.2%いて、前回は5255人がこのゆったりめのタイムで完走している。

前回の完走率が96.5%とはいえ、準備ゼロから、42.195km先のゴールを目指すには、あまりにも遠すぎる。そこで、42.195kmを“分解”して、「完走」への道筋を見つけたい。

ハーフを完走できれば、フルもいける?

42.195kmという距離を“1本道”で考えると、やはり長すぎる。しかし、分割してみると、精神的にラクになる。

東京マラソンを「完走」するために大事なのは、まずは中間点。ハーフマラソンを意識したトレーニングをするといい。なぜかというと、ハーフを完走できるだけの走力がつけば、東京マラソンを「完走」できる確率がグッと高くなるからだ。

次ページ完走するための足し算、引き算
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT