準備ゼロから東京マラソンを完走する方法

完走する人は、”マラソン算数”を知っている

先ほど述べたとおり、東京マラソンを制限時間内にフィニッシュするためには、42.195kmを6時間30分で走らなければならない。では、それがどれくらいのスピードかというと、1km9分15秒というペースになる。

ほとんどの方がピンとこないと思うが、実は1km9分15秒ペースで走るのはすごく難しい。なぜなら、想像以上に遅いスピードだからだ。

先に結論を言ってしまうと、マラソンで「サブ6.5」(6時間半切り)を達成するには、ジョグとウォークを効果的に組み合わせるのが最適だ。息の上がらない程度のゆっくりペースで走り、疲れてきたらウォーク(早歩き)を織り交ぜる。その平均速度が1km9分15秒以内になれば、笑顔でゴールを迎えることができるのだ。

フルマラソンを難しくしないためには、最初から42.195km先を見るのではなく、その半分、21.0875kmを歩かずに走り切れるだけの“走力”をつけるだけで、本番での「完走」が見えてくる。このことを知っておくだけで、42.195kmが未知の領域ではなくなり、もっと身近に感じることができるだろう。

マラソンは“算数”でできている

マラソンという競技は自分との戦いで、具体的に何と戦うかといえば、タイムになる。その裏には、ちょっとした計算式が潜んでおり、事前に簡単な“方程式”を組み立てておくことで、無理なく「目標」に近づくことができる。そこで、ちょっと計算してみよう。

個人差があるが、だいたいの人は、1kmを10~12分くらいで「早歩き」できる。仮に、疲れてきた中間点以降を1km11分ペースで歩くことになったとしても、そのタイムは3時間52分。目標を6時間30分でのゴールとして逆算すれば、スタートから中間点までを2時間38分で通過できれば、制限時間内でフィニッシュできる計算になる。

ちなみにハーフ2時間38分は1km7分30秒のペース。明らかな体重オーバーのランナーなどでなければ、余裕を持って走れるスピードだ。そう考えると、東京マラソンの「完走」はそれほど難しくない。ほんのちょっとの努力で、誰にでも完走メダルを胸に輝かせるチャンスはある。

では、実際にはどんなトレーニングを行うべきか。「ハーフマラソンを完走する」ことを考えればOKだが、まずは「10kmを走り切る」ためのメニューを考えればいい。なぜなら、ひとりで10kmを走り切ることができれば、実際のレースではハーフマラソンを完走できてしまうからだ。

次ページ完走するためのジョグ+ウォークの計算式
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT