他人事ではない!「ストーカー」の実態と恐怖 会ったことがない人を「恋人」と思う人も

印刷
A
A

SNSの爆発的な普及もあって、人と人のつながり方はどんどん複雑になってきています。それに伴い、ストーカー問題への対応も一筋縄ではいかなくなってきました。

そんな時代だからこそ大切なのは、ストーカーにならない、させないという予防です。読者の皆さんに、交際を始めるとき、交際中、そして別れるときに、心がけておいてほしいことがあります。

「ストーカーにならない、させない」予防策とは

交際を始めるときには、

(1)お互いは相手にとってどういう存在なのか(恋人、セックスフレンド、ファン、師匠、ビジネスパートナーなど)

(2)それぞれが大事にしていることは何か(仕事、家庭、音楽、一人だけでいる時間など)

(3)これをされたら終わりだという嫌なことは何か(暴力、携帯の盗み見、親の悪口など)

『ストーカー - 「普通の人」がなぜ豹変するのか 』(中公新書ラクレ)書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

を確認してください。

とくに重要なのは(1)です。医者と患者、ジムのインストラクターと利用者、ホストと客などは、「個人的にも親密な関係だ」「相手は私に好意を持っている」と一方が勝手に思い込むことも多く、ストーカー行為につながりやすいからです。

交際中に気をつけてほしいのは、「金品の貸し借りをしない」「過去の異性関係は言わない、聞かない」「リベンジポルノを防ぐため、そういう写真や動画を撮らせない」などです。

相手と別れようと思ったときには、

(1)会う回数を減らしていく

(2)電話は避けて連絡はメールかLINEにし、第三者に読まれても大丈夫なことだけを書く

(3)ニックネームではなく名字で呼ぶ

(4)別れを告げたあとは決して会わない

(5)相手の所有物はどんなものでも捨てない

を守るようにしてください。

あるクラブのナンバーワン・ホステスは私にこう言いました。「お客様には、普段は恋人であるかのように接するけれど、ときどき“これは恋愛じゃないけど大丈夫?”と釘を刺すようにしています」。こうした一言が大事なのです。ストーカー被害を受けないためにも、自分を守れるのは最終的には自分だけだ、ということを肝に銘じていただければと思います。

小早川明子/1959年愛知県生まれ。NPO法人「ヒューマニティ」理事長。ストーカー問題、DVなど、あらゆるハラスメント相談に対処している。1999年に活動を始めて以来、500人以上のストーキング加害者と向き合い、カウンセリングを行う。
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT